旅行情報

あなたの旅行先の国名・都市名

シンガポール

あなたが旅行に行った年月

2019年5月

あなたが旅行に行った回数

18回

あなたの年齢、性別、職業

29歳、女性、営業

一緒に旅行に行った人の人数

家族3人

旅行の目的

観光、リフレッシュ

旅行中にいった観光スポット

ガーデンズバイザベイ

101ヘクタールほどもある国立公園で、マリーナベイサンズのすぐ近くにあります。3つの植物園に分かれていて、大人は28ドルでクラウドフォレストとフラワードームに入れます。クラウドフォレストに入るとまずは大きな滝が!霧のように水滴がかかってくるため、とても涼しく感じるスポットです。上にのぼるとクラウドウォークという下が見えている通路があります。高所恐怖症には怖いかも。もう一つのフラワードームはたくさんの植物があり、5月は色々な色のチューリップが集まっているコーナーがありました。写真スポットで沢山の人が写真を撮っていました。ベビーカーも通りやすい通路で、かつ涼しくて子連れにも快適なスポットです。

 

リトル・インディア

マリーナエリアからタクシーで10分~15分で到着。国が変わったかと思うくらい街並みが違います。インド系の方々が多く、お店も異国情緒を感じるお店ばかり。ガイドブックにも載っていたカレー屋さんでランチ。ナンやラッシーも美味しく、日本人観光客も多いため日本語も少し話せる店員さんがいました。ランチ後はアーケードをぶらぶら。インド風のアクセサリー等が並ぶショップがいくつもありました。また、中心にあるスリヴィラマカリアマン寺院は外観が圧巻。他では見れない彫刻がありました。その後はムスタファセンターへ。ドン・キホーテのようなお店で、石鹸やトリートメントなどばらまき土産が日本人には人気で格安でした。ジュエリーや雑貨もありました。子連れには狭いので抱っこ紐が便利です。

 

シンガポール動物園

マリーナエリアからはタクシーで30分ちょっと。Grabでの移動が安くて便利でした。到着するとファミリーばかり。ベビーカーももちろん通れるので、小さいお子様も大丈夫です。料金は33シンガポールドルで子供は3歳から料金がかかります。人気のオラウータンの朝食、像、猿、アシカのショー等があります。かなり園内は広いため、子連れの方はどのショーを見るのか絞りこむのがおすすめです。園内を進むとWet PlayAREAという水遊び場があります。授乳室も近くに1つありました。日本人よりも外人の子連れの方が多かったです。そのほかホワイトタイガー、テナガザル、イグアナ、サイなど沢山の動物がいました。広く、5月はとても暑かったので半日で退散しました。

 

ザ・ショップス アット マリーナベイ・サンズ

フードコートが沢山のお店があり、昼も夜も何度か食事をしました。子連れにはフードコートが騒いでも気にならず、シンガポールの食事が食べれて、安くて便利でした。買い物もハイブランドも多く、キッズ服もあり充実しています。TWGのショップとカフェもあり、ショップではお土産を多くの方が購入しにきていました。マカロンも美味しく、紅茶をいくつか買うとプレゼントでマカロンを追加でいただけました。他の海外と比べるとハイブランドは安くはないと思いますが、見ているだけでも楽しいです。
運河があり、モール内でゴンドラに乗ることもできます。また今回は行きませんでしたが、カジノもあるため子連れ旅行から大人同士の旅行でも幅広く活用できるモールでした。

 

カトン地区

マレーシア・中国の文化とヨーロッパの文化を融合させてプラナカン文化が残る街並みです。淡い色の住宅が並んでおり、インスタ映えスポットとして人気です。日本人の若い女性ばかりで、みんな写真を撮っていました。伝統のチマキのような食べ物「クエ」を朝食に食べましたが、とても安く、美味しく、日本人好みの味でした。プラナカン雑貨のお店も多くあり、カラフルな陶器を購入している人も見かけました。かわいらしい雑貨が多い場所のため、日本人の若い女性同士がお店にも多く見かけました。カトン地区もGrabを使って中心地から移動するのがベンリだと思います。

 

旅行にかかった費用

旅費:約9万円
ホテル:約11万円
観光・レジャー代:約5万円
食事代:約3万円
お土産代:約3万円
その他:
合計金額:31万円

観光へ行く人へのアドバイス

GWに行きましたが、暑い時期ではあるものの館内での観光スポットも多いので、赤ちゃん連れでも大丈夫でした。また、新日かつ子連れに優しい街で、街中でもホテルでもとても親切にしていただけました。マリーナエリアのような綺麗で最新のスポットとインドタウン、チャイナタウンのように異国を感じる場所もあり、動物園もあり、毎日違う変化を感じれる国で楽しいと思います。物価は高いですが、Grabなど移動手段はお得なものもあるため、うまく有効活用してください。食事も美味しく日本人には相性が良いと思います。