中国のATMで外貨を引き出そうとした時のトラブル

旅行情報

あなたの旅行先の国名・都市名

中国、深セン市

あなたが旅行に行った年月

2017年11月

あなたが旅行に行った回数

3回目

あなたの年齢、性別、職業

33歳、女、パート

一緒に旅行に行った人の人数

2人

トラブル体験をした場所

深セン市内の現地大手銀行のATM

トラブル内容

クレジットカードが一般的に使われるアメリカなどど比べ中国では現金やスマホ決済が一般的なので、どうしても旅行の際は現金が必要です。それで今回の中国旅行では外貨両替の方法としてデビットカードで現地のATMから現地通貨を引き出すことにしました。 まず日本の銀行で口座を開設し、デビットカードも作ります。そして、海外のATMでデビットカードを入れ暗証番号を入力すれば引き出せるというのが利用方法です。中国では、ATMの操作案内は中国語か英語のどちらかを選ぶことができます。それで事前に海外のATMで引き出す際の画面の操作案内をネットで調べて、それを見ながらATMで引き出すことにしました。そのネットで調べる際にクレジットカードを海外で利用する際の注意点も一緒に見たのですが、どうやらその注意点とATMの操作方法がごちゃごちゃになってしまい、私のトラブルは発生したようです。 どんなトラブルだったかと言いますと、まず中国のATMにデビットカードを入れると、すぐに暗証番号を入れるように言われます。その際に日本の暗証番号は4桁なので、そのまま4桁を入力し確定ボタンを押せば良かったのですが、私は4桁の番号の最初に数字の0を2つ付け足して全部で6桁の番号を押し確定してしまっていたのです。なぜ0を付け足してしまったかと言うと、以前クレジットカードを海外で利用する際の注意点についてネットで見た際に、クレジットカードを海外で使う際に、海外はカード類の暗証番号が基本6桁だか、日本は4桁なので、海外で6桁のカードの暗証番号を求められた場合は数字の0を2つ最初に入力したら良いという情報を聞いたからでした。 そのため、ATMで6桁で入力し確定を押してしまい、その際に次の画面に進まずまた暗証番号を入力するように言われたため、また同じように6桁の暗証番号を入れ続けてしまったのでした。そしてとうとう最後はそのカードが利用できないという事が画面に表示されて、カードが使えなくなってしまいました。一定回数暗証番号の入力を誤るとカードが使用できなくなるそうですね。 そのため結局、カードは破棄しなければならなくなり、手数料を支払い再発行してもらうことになりました。海外旅行中にカードが使えなくなるのは痛いです。ただ、念の為にもう一枚デビットカードを作って持っていっていたので結局はそれで現地通貨を引き出せたので助かりました。一回目に暗証番号の再入力を求められた時に冷静になっていれば良かったのかもしれません。

トラブルに巻き込まれないためにするべきだった行動

事前に利用方法をしっかり確認することや、間違えた時に焦らず一旦冷静になることが必要だったと思います。念の為に別のカードも用意していたのは良かったです。