<<臨時休業のお知らせ>>

7/9(月)より誠に勝手ながら外貨両替業務を臨時休業とさせていただきます。

ご入金等いただいておりますお客様には随時発送は行います。

なお、お電話も休止いたしますのでご不明な点はメールにてお問合せください。


急激な為替変動等で予告無くレートが変更される場合があります。

在庫なし表示の場合はお問い合わせフォームに金額とご入用日を入力ください。入荷次第ご連絡いたします。


マイルを貯めてお得に海外旅行へ出かけよう!

マイルとかマイレージという言葉を知っていますか?飛行機などに乗るとよく聞くと思いますが、実はマイルを利用することで海外旅行がグーンとお得になるのです。今回は、このマイル、マイレージについて解説していきましょう。

マイル(マイレージ)とはどんなものか?

マイルとは、簡単にいえば各航空会社が行っているサービスのことで、飛行機に乗るなどすることで貯まっていくポイントのことをいいます。そしてマイレージとはこのポイントサービスのシステムの総称です。

ですので、 ※マイレージ=各航空会社のポイントシステムの名称 ※マイル=貯まっていくポイントの名称 ということなのです。 ちなみにマイルとは距離のことで、1マイルは1.60934キロ。マイレージは飛行機に乗った距離でポイントが貯まることから始まったので、そのポイントのことをマイルと呼ぶようになりました。

マイルの仕組みとは

マイルとは、要はよくあるポイントサービスの航空会社版といっていいでしょう。例えば“NTTドコモのdポイント”や“TUTAYAのTポイント”“セブンイレブンのnanacoポイント”などと同じ、と考えれば解りやすいと思います。

マイルを貯める

マイルを貯めるには以下の2種類の方法があります。

飛行機に乗ってマイルを貯める

飛行機に乗ってマイルを貯める場合には、飛行距離と積算率によって変わってきます。 例えば成田からニューヨークまで飛んだ場合、片道の距離は約6700マイル。 ANAやJALのエコノミークラスの座席で積算率が100%の座席であれば、貯まるマイルは6700マイルということになります。 ちなみに、アメリカ系の航空会社の場合は、乗った距離ではなく航空券の代金によってマイルが貯まるシステムのところがあります。

ただし、これら積算率などの数値は、日本も海外も航空会社やクラスによって異なってくるので、使う航空会社のサイトなどで確認してみるといいでしょう。

提携しているクレジットカードを使ってマイルを貯める

もうひとつは、マイレージと提携しているクレジットカードで普通の買い物をすることで貯める方法です。あまり飛行機には乗らないという人ならば、ショッピングでマイルを貯めておくといいでしょう。知らないうちにわりと貯まっていきます。目安としては、100円で1マイルから2マイルが貯まる、と考えていいでしょう。 また、カードによっては他のポイントをマイルに交換することも出来ます。さらに、カードのキャンペーンで通常よりも多くのマイルを貯めることも出来るので、キャンペーンのお知らせなどは見逃さないようにしておきましょう。 そしてこれらは、各クレジットカードによって異なってくるので確認してみましょう。

お得なマイルの貯め方として

日本の航空会社であるANAやJALでは、マイレージ会員向けに自社ツアーを販売しています。これらのツアーに参加することで、通常よりもマイルが貯めやすくなっています。さらにインターネット経由で予約することでボーナスマイルが貰えたり、旅行代金が割引きになったりもするので、使わない手はない、といえるでしょう。海外旅行に行く時には、自分が利用する航空会社のサイトなどでサービスを確認して、よりお得にマイルを貯めるようにしましょう。

マイルを使う

マイルは、基本的に1万マイルくらいから使うことが出来ます。その使い方も色々とあるので、自分で何に使うかを考えるのも楽しみのひとつとなるでしょう。

航空券と替える

いちばんオーソドックスですが、飛行機をよく利用する人にはかなりお得なのがマイルを航空券と替えることです。マイル数によっては無料で航空券が手に入るということになります。さらにいえば、座席のクラスをアップグレードさせることも出来ます。マイルを使うことで、エコノミークラスをファーストクラスにアップすることも可能なのです。たまには贅沢な気分で飛行機に乗りたい、というのであれば座席のアップグレードがオススメです。

その他の使い方も…

航空券以外にもマイルの使い方があります。各航空会社のマイレージと提携しているホテルであれば宿泊料金としても使えますし、電子マネーや商品券と交換することも可能です。ただしお得度を考えると、航空券に替えるというのがいちばん高い、ということは覚えておきましょう。

マイルの有効期限

貯まっているマイルには使える有効期限が設定されている場合もあるので、ここは注意したいところです。ANAやJALなどでは3年間が期限で、これを超えるとマイルは消滅してしまいます。また、ユナイテッド航空やデルタ航空、アメリカン航空などの欧米系航空会社の場合には有効期限の設定がないので、基本的には無期限で使うことが出来ます。

ショップや携帯電話キャリアのポイントと比べると、お得度が高いといえるのがマイルです。まずは各航空会社のマイレージの詳細をサイトで確認して、自分にとってどれがいちばんお得になりそうかをチェックしてみましょう。そして海外旅行に行く時には、自分が使う航空会社と登録しているマイレージが同じかどうかをしっかりと確認することも大切です。基本的には、国内線よりも国際線の飛行機に乗った場合の方がマイルは貯まりやすくなっています。ここを見逃さずに、しっかりとマイルをゲットして、賢く使うようにしましょう。