海外旅行で費用を節約する方法

昔と比べると、海外旅行もずいぶんと安い費用で行けるようになりました。ですが、旅費や宿泊代、現地での食事代やお小遣いを考えるとそれなりの金額になってしまいます。そこで、今回はいかに安く海外旅行に行くかを考えていきたいと思います。

手間を惜しまないことが費用節約の第一歩

海外旅行は、旅行代理店に行って希望を伝えて、すべての手続きをして貰えば楽に行くことが出来るものです。ただし、何もかもをやって貰うわけですから、費用の中にはその手数料などが含まれてきて高くなってしまうのは当然のことです。そうではなく、自分で色々な手続きをすることで旅費を抑えることができるのです。海外旅行費を節約する基本は、まずは“手間を惜しまないこと”といえるでしょう。

海外旅行に行く前のポイント

旅行先を考える

海外旅行を考えるとき、もしハッキリとした目的地がないのであれば、その行き先によって節約することも出来ます。ヨーロッパ諸国やアメリカなどよりはアジア諸国の方が旅費はかなり安く済むでしょう。また、アジア諸国では基本的に物価が安いこともあり、飲食代や買い物代が安いということもあります。さらにアメリカなどはチップも高め(会計の約1割が基本)なので、それだけ余分にお金がかかってしまいます。これらを考えると、どこか海外を旅行したい、というのであれば、アジア諸国を候補にして考えてみるのもいいかもしれません。

オフシーズンを狙う

航空券や宿泊代などは、シーズンによってその額に差が出てきます。なのでオフシーズンに海外旅行に行くことで、場合によってはかなりの節約が期待できるでしょう。 年間を通して見てみると、以下のような感じでしょう。

4月~5月

ゴールデンウィーク中はかなり高めになるが、それ以外はお手頃な時期なので狙い目。

6月

6月上旬は安めだが中旬から下旬は夏に向けて高くなる。

7月~8月

7月下旬からの夏休み期間やお盆は価格もかなり高め。

9月~11月

連休期間以外はお手頃で狙い目。

12月~1月

年間でいちばん安くなる時期だが、年末年始は高騰する。

2月~3月

2月は比較的安めだが、3月に入り春休みに近づくほど高くなる。

大手以外の航空会社を使う

航空券の場合、ANAやJALなどの大手ではなく、低価格が売りであるLCC(ローコストキャリア)航空会社を自分で探してみるといいでしょう。この時には、各航空会社を比較することが大切です。どこをどう比較するのかが解らない場合などは、航空券比較サービスサイトの大手「スカイスキャナー」などで検索してみましょう。これらのサイトでは、目的地や旅行の時期などを入力することで、航空券だけではなくホテルなども費用の比較をすることが出来ます。

skyscanner/スカイスキャナー
https://www.skyscanner.jp/

ひとつ注意したいのが、大手航空会社に比べるとLCC航空会社ではどうしてもサービスなどが劣るということです。人件費などを削ることで航空券代を安くしているので、ここら辺はある程度は我慢する必要があります。

宿泊施設は民泊に

海外旅行に行ったからには、いいホテルのいい部屋に泊まって…と考える人が多いと思いますが、費用を節約するのであればこの限りではありません。節約したいからとヘタに安いホテルに泊まると、地域などによっては設備に不備が多かったりサービスが劣悪だったりするケースもあります。そこで利用したいのが民泊です。 民泊とは文字通り“民家に泊まる”ことで、宿泊用に提供される個人宅の一部やマンションの空室、空き別荘などに宿泊することで、日本はもちろん海外でも利用できます。LCC航空会社同様に、民泊先も専門サイトで検索が可能です。検索サイトとしては「エアビーアンドビー」などがあります。このサイトでは、“空いている部屋や家を貸したい人”と“部屋を借りたい人”のマッチングサービスを行っているので、覗いてみるといいでしょう。

Airbnb/エアビーアンドビー
https://www.airbnb.jp/

また、民泊には抵抗があるのでやっぱりホテルがいい、という人は、ホテルの大手検索サイト「エクスペディア」などで検索してみましょう。

Expedia/エクスペディア
https://www.expedia.co.jp/

海外保険料

海外旅行で大切なもののひとつに海外保険があります。万が一、現地で盗難被害やケガ、病気など、何かあったときに保険があるのとないのとでは雲泥の差があります。現在では、クレジットカードに海外保険が付帯されている場合がほとんどです。ただしカードによって保険内容も様々なので、自分の持っているクレジットカードにはどんな保険内容が付帯されているのかをチェックしておくことが必要です。

本コラムの別ページで、クレジットカード海外保険のことについて書いてあるので参考にして下さい。
「クレジットカード付帯の海外旅行保険の選ぶポイントは?」
http://www.interbank.co.jp/column/6062/

海外旅行は2人以上で行くのがお得

海外旅行に行く時にいえることに、2人以上で行くとお得、ということがあります。特に効果的なのが宿泊代で、海外のホテルではひとりいくらではなく、1室いくら、という料金で表示されるので、例えば1室3万円の部屋であれば2人なら1万5千ずつ、3人なら1万円ずつの料金で泊まることが出来ます。 また、タクシー代にしても人数分で割れば安くなりますし、飲食にしても複数の料理を頼んで割り勘にすることで、色々楽しむことが出来るでしょう。 家族や気のあった親しい友人などと旅行にいくことで、楽しさも倍増するのではないでしょうか?

海外旅行中のポイント

現地ツアーを活用する

事前に組まれているオプションツアーなどを利用するのも楽でいいのですが、手数料などが含まれてくるので割高感は否めません。旅費の節約や時間の短縮などを考えると、現地にある地元ツアーに参加するのがオススメです。地元ツアーは種類が豊富な場合も多く、低価格設定なのがポイントです。また、場所によっては無料で楽しめる観光地なども多数あるので、事前に旅行ガイドやサイトでチェックしておくといいでしょう。

お土産はスーパーなどを利用する

空港やホテルなどのお土産屋などは、観光旅行者向けにその値段も高く設定されていることが多いものです。それに比べると地元のスーパーなどのショッピング施設では、現地の生活のためのものなので値段も安くなっているはず。加えて、お土産屋では見られないようなものが置いてあることもあるので、お土産を渡したときに喜ばれることもあるでしょう。 また、食事をする時なども観光旅行客目当ての飲食店よりも地元の人が行くような店の方が安く済みます。これらも旅行ガイドやサイトで事前にチェックしてもいいですし、どこにも載っていないような場合は実際に現地に行った人などから情報を貰うようにしましょう。

以上、様々な節約術を紹介しましたが、最低限考えておきたいのは安心性、安全性ということです。特に現地での節約術の場合、いくら安く提示されたからといって、むやみに見知らぬ現地の人について行ったりするのは危険です。結果的にそれが詐欺だったり、身の危険に繋がったりすることもあり得るからです。ツアーではなく個人的に海外旅行に行く場合には、事前に色々な情報をチェックしておくことが大切です。 また、ツアーで行く場合には、時期などを考えて格安ツアーを探してみる、というのも節約術のひとつになります。最初にも書きましたが、手間を惜しまずにガイドブックやサイトなどでチェックしておくといいでしょう。