海外旅行に持って行くべき荷物のポイント~靴編~

海外旅行に行く時に、みなさんはどんな靴を選んでいますか? “服に合ったものなら…”と割と簡単に選ぶ人や、逆にもの凄く選ぶのに悩んだりする人など、様々だと思います。 靴は海外旅行を快適にするための大切な要素のひとつ。どんな靴を選べば良いのかを解説していきましょう。

メインで履く靴とサブで履く靴を考える

通常時にメインで履いて行く靴と、サブとして持って行く靴では、使い方が変わってきます。これを考えると、それぞれで選ぶことが必要と言えるでしょう。

基本は履き慣れた靴を持って行くこと!

まず最初に言っておきたいことは、メインしてもサブにしても、 “履き慣れた靴を持って行く”ということです。 旅行先では、日常生活よりも歩く場面が多くなるのは当然のこと。このために、普段から履いていて自分の足に馴染んでいる靴で行動することが基本となります。

海外に行くのだから、気持ちとしては靴も新調して…というのは解りますが、これはNG。履き慣れていない靴だと、足を痛めてしまう原因になってしまいます。

新しい靴を買うタイミング

もしどうしても新しい靴で行くというのであれば、最低でも旅行に行く日より2週間以上前に靴を購入して履き慣らしておくことが大切です。買った靴を現地で初めて履いたり、旅行数日前にちょっと履いておく、などでは足のトラブルを引き起こしてしまい、旅行を存分に楽しめなくなってしまいます。 できるだけ足に負担のかからない、歩きやすい靴を選ぶというのがポイントです。

メインで履く靴

これは海外旅行の行き先や、どんな場所に観光に行く予定なのかによって違いは出てきますが、基本的に最もオススメなのは「スニーカー」や「ウォーキングシューズ」です。 これらの靴は耐久性やクッション性、通気性に優れているので、足への負担が軽く衛生的です。

特に街中での行動がメインであれば「スニーカー」が最適。遠出をして歩く距離が多そうな時には「ウォーキングシューズ」がいいでしょう。ただ、マッチする服装を考えるのは結構大変かもしれません。ちょっとオシャレをしたい場合などには不向きですが、そういう時にはサブの靴を履くなどで対応しましょう。 また、山などの凸凹した場所に行く場合などは、靴底が厚めのクッション性の高いものがオススメです。

サブで履く靴

サブで履く靴とは、場面場面で履き替えるために持って行くと便利な靴のことです。

おしゃれ着用として

ちょっとおしゃれをして歩きたかったり、ドレスコードのある店に行く予定があるなら、革靴やヒールなどを持って行きましょう。最近では革靴でも足への負担が少ないものもありますし、女性のヒールの場合はそんなに高さのないヒールでも十分だと思います。

暑い地域用として

いわゆる南国地域やサマーシーズンに旅行に行くなら、サンダルは必需品です。特に常夏の国などでは日本とは暑さのレベルが違います。そんな国で1日中スニーカーなどを履いていては確実に足が蒸れてしまいます。 ちなみにサンダル程度であれば、値段も安いし現地で購入するのもいいでしょう。ただサイズが大きめなので、選ぶときには気をつけましょう。

寒い地域用として

北国やウインターシーズンの旅行の時には、足首がスッポリと入るブーツを持って行くと便利です。そして積雪地域ならば滑りにくいスノーシューズというのも選択肢に入ります。また、厚手の靴下を履いておくのも方法です。寒い地域への旅行の場合、衣類同様に荷物となってしまいますが、現地で辛い思いをするよりは多少の荷物は覚悟をしておくことです。

その他の靴に関するポイント

持って行く靴の数

靴はかさばるので、持って行くのはなるべく少ない数で済ませたいものです。 日本から履いていく靴は別として、“おしゃれ着用”“予備用”“暑い&寒い地域用”の3足ほどを持っていけばいいでしょう。 “予備用”は、通常に履いている靴が極端に汚れたり破れたりした時に履き替える「スニーカー」などのことです。

また、靴を入れておく専用の袋を購入しておくと便利です。薄くて丈夫な袋も多々あるので購入しておきましょう。

靴のトラブル対策

靴のトラブル防止やトラブル対策としてのグッズも色々とあります。必要なグッズをチェックしてみましょう。

消臭グッズ

長時間歩くことも多くなるので、靴の臭い消しは必需品かもしれません。消臭スプレーや靴の中敷きなどがオススメです。特に中敷きは足の疲れも軽減してくれるので便利です。

防水グッズ

雨が多い季節や地域に行くなら、防水グッズが必要です。「スニーカー」などはほとんどが防水加工されていると思いますが、それでは対応しきれないことも多々あります。防水スプレーなどが1本あると便利です。 ここで注意したいのは、消臭スプレーも防水スプレーも、中身の成分(引火性ガスや毒性ガスを含む物)によっては飛行機内に持ち込めない場合があるということです。購入するときには注意しましょう。

靴擦れ対策グッズ

靴の中に貼ったりすることで靴擦れを防止するグッズがあると安心です。靴擦れグッズにはテープ式や粘着固定式、絆創膏タイプなどがあるので、自分に合ったグッズを選びましょう。 そして万が一、靴擦れしてしまった時のために救急絆創膏も必需品と言えるでしょう。