海外旅行 意外と知らない基礎知識~食事のマナー

国が変われば常識も変わるもの。色々な行動の中でも、食事をする時のマナーは国によって大きく違ってきます。あまり神経質になる必要はありませんが、最低限は現地の国のマナーを守って食事するように心がけましょう。

海外のレストランなどで食事をする時の基本的なマナー

まずは海外での基本的な食事のマナーを流れと共に紹介しましょう。日本とは違い多少面倒に感じるかもしれませんが、海外では普通のことです。これさえ覚えておけば最低限恥をかくことはないでしょう。

服装について

高級レストランなどには「ドレスコード」というものがあります。これはお店の雰囲気を損なわないために設定されているもので“ノーネクタイやスニーカーでの入店は禁止”といった内容です。 高級レストランを予約した場合などは、その店にはどんな「ドレスコード」があるのかを確認して、それに見合った服装で行きましょう。

レストランに入る

入店したら、まずは挨拶をします。予約をしているならその旨を伝え、していないなら案内してくれるまで待っていましょう。勝手に店内をうろついて席に着くのは厳禁です。 ちなみに、店に入る時や席に着く時などは、女性を先にするのがレディファーストが常識の海外でのマナー。絶対ではありませんが、こうしたほうがスマートで印象が良いといえます。

料理のオーダー

海外では、テーブルによって係のウエイターが決まっていることがほとんどで、定期的にテーブルを回ってくれます。まずは係のウエイターが来るまで待っていましょう。また、オーダーなどをする時に大声で呼ぶのはNGです。何をオーダーするのかが決まっていないなら「もう少し待って下さい」と伝えます。ウエイターをその場で待たせるのは良いことではありません。もし解らないことがあるなら素直に質問をしましょう。

食事中

食事中のマナーの基本は、「音をたてて食べない」「食器を持って食べない」の2つです。最低限これを守れば問題はありません。 また、欧米などではワインなどの飲み物を自分で注ぐのは禁止です。飲み物はウエイターが注ぐのが常識です。

高級店の場合には、食事の道具は外側にある物から使うようにします。右端にあるスプーンがスープ用で、それ以外は左右の外側からセットで手に取りましょう。道具は運ばれてくる料理の順番の前菜・魚・肉用で並べられています。

食事の途中に道具を置く時には“ハの時”に置き、食事が終わったら揃えておくのが合図です。もし食事途中にフォークなどを落としてしまっても、自分で拾わずにウエイターに拾って貰うのがマナーです。 また、ナプキンは飲み物が来たら太ももから膝の上にかけます。途中で席を立つときには椅子の上に畳んで置き、食事が終わったら畳んでテーブルの上に置きましょう。

支払い

食事代の支払いは、現金やカード払いに限らずにテーブルの席で行ないます。この時には、ひとりの人がまとめて払うこと。海外では、テーブルひとつで別々での会計はあり得ません。割り勘にするなら店を出てからにしましょう。

チップはまず勘定書にサービス料が含まれていないかを確認して、食事代に見合った額をテーブルに置いておきます。もしカード払いの場合には、伝票の「tip」または「gratuity」と記されている欄にチップ額を書いて払ってもOKです。

国で異なる食事のマナーのいろいろ

前述した基本的なマナーの他にも、国によっては独自のマナーがあります。その一例を紹介するので、ウンチクとして覚えたり、その国に行く時の参考にどうぞ。

中国

中国では食事は全部食べずに少し残すのがマナー。食後のゲップはOKです。

韓国

茶碗やお皿などの食器を持たずに食事をするのが韓国のマナー。また、複数で食事をする時には年長者から箸を付けます。

タイ

タイではフォークで食べ物を口に入れるのはマナー違反です。フォークは食べ物をスプーンの中に入れるためのものとされているからです。 さらに食器に口を付けてスープなどを飲むのも厳禁です。

インド

インドでは左手は不浄の手とされているので、食事の時に左手を使うのは厳禁です。右手だけで全ての食事をするのがマナーです。

メキシコ

タコスを食べる時は手で食べるのがメキシコのマナー。フォークやナイフで食べるのは滑稽に見られてしまいます。

チリ

チリではどんな食べ物でもフォークとナイフで食べるのが常識です。たとえプライドポテトでもフォークを使って食べるのがマナーです。

フランス

乾杯の時にグラスをカチンと付けないのがフランスのマナー。目線の高さにグラスを挙げるだけで乾杯をします。 また、フォークにライスを乗せて食べるのは下品な行為としてマナー違反。さらに前菜の前に運ばれるバケットを最初に食べるのもNGです。マナーに厳しいフランスならではです。

イタリア

イタリアでは、午後以降の食後にミルク入りのコーヒーを飲むのはNG。もしカプチーノなどを飲みたいなら、午前中に朝食でクロワッサンと共に飲むのが常識です。午後以降はエスプレッソにしましょう。 さらにピザはナイフとフォークで食べるのが一般的です。

ドイツ

ドイツではじゃがいもをナイフで切るのはマナー違反。フォークで潰して食べるのが普通なのです。

ロシア

ロシアでは、ウォッカはストレートで飲むのがマナー。氷や水で割るのは味を損なうことになるのでNGです。ウォッカはかなりキツいお酒なので飲む時には気をつけましょう。