外貨両替の手段といえば、銀行や空港、あるいは外貨両替取扱業者の店頭で行うというのが一般的でしたが、今は宅配という手段を使って外貨両替をすることも可能です。

「外貨両替をしたいが、なかなか取扱店に行くことができない」という事情を抱えている人にとっては非常に便利なサービスですが、現状ではまだまだ宅配での外貨両替は未経験、という人が多いのも事実です。

ここではそんな人のために、宅配での外貨両替の手順について詳しくご説明します。

宅配

「外貨両替をしたいけれど、外貨両替ができるお店に行く時間がとれない。かといって空港での外貨両替はレートが悪いのでやりたくない」という人にとって、ありがたい存在となるのが外貨両替を宅配でも実施してくれる業者です。

宅配でできる外貨両替や、宅配で外貨両替をするための手順をここで知っておきましょう。

外貨両替の宅配は「外貨の通信販売」というスタンス

宅配で外貨両替をする手順をご説明する前に、まず「外貨両替の宅配とはどういうものか」という点についてご説明しましょう。

外貨両替の宅配は「外貨の通信販売」というスタンスです。つまり利用者側から見れば、通信販売を利用して外貨を購入するという状態になります。

一般的な通信販売と同様、購入額が一定額以上になれば送料無料になるというサービスを実施しているところも少なくありませんので、ある程度まとまった額の外貨購入を考えているなら、送料無料になりそうな業者を選ぶのがおすすめです。

そして、宅配による外貨両替は、外貨購入だけに使える手段というわけではありません。「買取も実施している通信販売業者」というようなスタンスで、外貨の買取に対応している業者も数多くあります。

宅配での外貨両替をするための手順

宅配での外貨両替の手順は、外貨を購入するか、あるいは売却するかで少し異なってきます。購入・売却それぞれの手順について詳しくご説明しましょう。

・宅配で外貨を購入する際の手順

宅配で外貨を購入する際にはまず、外貨購入のための所定のフォームに必要事項を入力のうえ送信し、どんな外貨をいくら購入したいのかを業者側に伝えます。

この時にチェックしておきたいのは、購入する外貨のレートです。フォーム送信時のレートを常に適用するという業者もあれば、「○時以降の申込みについては翌日のレートを適用」というルールにしている業者もあります。

フォームでの送信申込みが終わったら、送料などを含めた金額や振込先などが書かれたメールが業者側から送られてきますので、その内容どおりに指定口座に振り込みます。

業者側は口座への入金が確認できたら、外貨の発送をするという流れになります。

外貨の発送タイミングも業者によって異なりますが、急ぎの発送や配達日指定などに応じてくれる業者もありますので、早く入手したい場合や、確実に家にいる日に届けてもらいたい場合は、そうしたサービスを実施している業者を選びましょう。

・宅配で外貨を売却する際の手順

宅配で外貨を売却し、日本円にしてもらうための手順は、まず外貨売却のための所定のフォームに必要事項を入力し、送信することが必要です。

さらに、業者所定の買取申込書に振込口座情報などの必要事項を記入のうえ、これを外貨と同封したうえで、一般書留または簡易書留で業者に送付します。

そして業者側は、届いた外貨を確認し、問題なければ指定の口座に買取金額を振り込む、という流れとなります。

ちなみに外貨売却の際の買取レートは、基本的には「業者に外貨が到着した日のレート」を適用するのが一般的となっていますが、業者によって多少取り扱いが異なるケースもあります。「どの時点でのレートが適用されるのか」は事前に確認しておきましょう。

ほかに外貨売却で気をつけなければいけないこととしては、

*どれだけ多額の外貨を送付しても、送料は原則として送付する側の負担となる

*外貨であっても硬貨の買取は取り扱ってもらえない

*紙幣であっても旧紙幣や傷みや汚れが激しい紙幣などは買取不可や減額の対象となる可能性がある
といったものがあります。

手順を事前に理解して宅配外貨両替を利用しよう

かつては「外貨両替をするためには、銀行や空港、あるいは外貨両替取扱業者の店頭に出向く必要がある」という時代もありました。ですが、今ではわざわざ店頭などに出向かなくても宅配を利用して行う手がありますので、忙しい人はこれを使わない手はありません。

宅配による外貨両替には、外貨の購入と売却の2種類がありますが、いずれも所定の手順を踏む必要があります。こちらで紹介したそれぞれの手順を事前にしっかりと理解したうえで、宅配外貨両替を利用しましょう。