<<臨時休業のお知らせ>>

7/9(月)より誠に勝手ながら外貨両替業務を臨時休業とさせていただきます。

ご入金等いただいておりますお客様には随時発送は行います。

なお、お電話も休止いたしますのでご不明な点はメールにてお問合せください。


急激な為替変動等で予告無くレートが変更される場合があります。

在庫なし表示の場合はお問い合わせフォームに金額とご入用日を入力ください。入荷次第ご連絡いたします。


外貨両替はどこが安いのか比較をしよう!

外貨両替を行える場所としては、国内では銀行や郵便局、それに空港。 それに弊社のような両替商がありますが、当然現地にも銀行や両替商は存在します。 そんな様々な選択肢の中で、外貨両替は結局一体どこが割安なのか。 今回はそれを比較、検証してみたいと思います。

比較1:現地での両替

世界には様々な国があり、通貨ごとの価値も様々です。
そのため、特に現地での外貨両替に関しては
一概に安いとも高いとも言えないのが現状です。
わかりやすく言えば、その国で円の価値が高く、円を両替してその両替商にメリットが高いのであれば一般的に手数料が安くなります
例えば、ユーロなどの多国で流通している通貨であれば、
円と比べてユーロのほうが多く流通しており、両替の機会も多いということになります。
両替商からしてみれば、ユーロに比べ円は在庫として抱えてしまうことも考えられ、
両替商にとって円に替えるメリットは少ないということになります。
この場合は両替にかかる手数料は高くなります。

転じて、先進国ではないアジア。
例えばタイなどであれば円が先ほどのユーロのような位置になりますので、
両替商にしてみればメリットは大きく、そのため手数料は安くなります。
ですが、現地での両替に関しては、その土地の言語知識が必要ですし、
街中の両替商を利用する場合にはレートを自分でしっかり確認しておかなければ、
空港や銀行の手数料どころではなく騙される可能性がある
といったことも念頭に置くべきでしょう。
これらの情報を頭に入れた上で自信があれば現地での両替もアリだと言えるでしょう。

比較2:国内での両替

現地での両替をうまく利用する自信がない場合などは
国内の銀行や郵便局。空港の両替所。それに弊社のような両替商を利用することになります。
銀行や郵便局それに空港での両替は、一般的に手数料が高額で、
当日の外国為替市場の金額を鵜呑みにしていくとびっくりするような金額を請求されることもあります。
また、街中の両替商についても、レートの更新をしていない、手数料は割安に見せて単価が高い などのトラップが仕掛けられていることも多々あります。
しかし、インターバンクでは、
お客様に外為チャートを公開し、手数料込みでの価格表示も行なっておりますので、
ご納得頂いた上で購入いただくことが可能です。
通販での対応もおこなっており、通販の送料などを含めてもなお銀行よりも割安で街中の両替商よりもオープンな取引が可能となっております。