旅行情報

あなたの旅行先の国名・都市名

ハワイ、ワイキキ

あなたが旅行に行った年月

2018年1月

あなたが旅行に行った回数

40回

あなたの年齢、性別、職業

41歳、女性、自営業

一緒に旅行に行った人の人数

夫婦2名

旅行の目的

夫婦の親睦を深める

旅行中にいった観光スポット

エマ王妃夏の宮殿

エマ王妃夏の宮殿というのはハワイ王朝時代、夏の別荘に当てられていた豪邸、というこちらは白亜の宮殿という歴史があります。現代でもとても美しく保存されている建物です。
当時、最も優雅な生活を送られていたというエマ王妃の住まいでした。
個人的に、ガーデンを含めた宮殿を見学するの嗜好にあるのでとても有意義な経験をしました。
子供には若干面白くない観光名所ですが大人には有意義でした。カップル、夫婦の観光にはおすすめできます。

 

コンテンポラリーミュージアム

コンテンポラリーミュージアムはアカデミーオブアーツの創業者の邸宅を改装したというミュージアムです。高級住宅地に位置しており、天国のテラスとういう庭が大変有名になっています。邸宅と言ってもハワイらしく、植物も日本の植栽の種類とは違い爽やかで美しいです。庭園は日系人のアーテイストが手がけており、中にカフェも併設されています。エジンバラルームという応接室が有名どころで、大人であれば一見の価値があります。

 

タンタラスの丘

マノア周辺エリアでは有名な観光スポットです。日本人観光客が白昼数人での観光をと呼びかけている地でもあります。
夜景鑑賞がとても評判で、ワイキキの景色を一望することもできます。ドライブでアクセスするなら、交通法規にも注意をしながらが安全です。
道路はカーブが多く、夜の運転は控えたいと思いました。運転手も夜は嫌だなと言っていたので、白昼の観光をおすすめします。とくに日本人は、夜は控える方がいいです。
景色はとても綺麗です。

 

ワイキキ州立公園

州立大学です。敷地内はとても美しく整備されており日本の大学とは一線を超えていますが、植物類が見どころです。
日本の植栽とは異なりとても種類が多いです。カフェも多いです。あえてアクセスする人は少ないですが、夫婦の趣味嗜好に会いましたので、行ってきました。
やはり芝生の使い方は日本と美意識が違います。日本では日本庭園くらいしか外観に力を注いでいませんが、ハワイ大学の外観はとても綺麗でした。
マノア、マキキエリアはワイキキから15分程度です。

 

パンチボウル

パンチボウルは、夫婦でも意見が別れました。私としてはわざわざ行くこともないという意見で押しましたが、夫の意見でついて行くことに至りました。
戦争で戦い、犠牲となられた方々の墓地となっていますが、第二次世界大戦だけでなく、第一次、第二次、朝鮮、ベトナムというように3万以上の霊が供養されていますのでただらなぬ雰囲気でした。加えて宇宙飛行士として活躍された方のお墓にもなっています。こちらは霊感の強い方は考えられた方がいいです。

 

旅行にかかった費用

旅費:約10万円
ホテル:約5万円
観光・レジャー代:約3万円
食事代:約2万円
お土産代:約2万円
その他:
合計金額:22万円

観光へ行く人へのアドバイス

マノア周辺エリアはワイキキから約お15分ほど北へアクセスしたエリアです。日系移住者も住んでいるので観光は静かに落ち着いて、マナーを守りながら行くといいでしょう。
教育機関、文化施設、記念墓地が多くむやみに立ちいるエリアではないのでその辺は心しておくといいですよ。