旅行情報

あなたの旅行先の国名・都市名

イタリア ミラノ・フィレンツェ・ピサ・ローマ

あなたが旅行に行った年月

2020年1月

あなたが旅行に行った回数

10回目

あなたの年齢、性別、職業

28歳 OL

一緒に旅行に行った人の人数

友達と2人

旅行の目的

イタリアでの年越しと有名観光地に全部行く

旅行中にいった観光スポット

サンタマリアデッレグラッツェ教会(ミラノ)

レオナルドダヴィンチの「最後の晩餐」がある教会です。中に入るには、人数、時間ともに限られているため予約をしなければなりません。公式サイトの予約はすぐに終わってしまったのですが、エージェントを利用して予約することができました。
鑑賞時間はわずか15分なのですが、人数が少なく静かな雰囲気でたっぷりと堪能することができました。テレビなどで何度も見ていたのですが、実物は大迫力で思わず息をのんで見入っていまいました。
当日チケットを求める人も多くいましたが、売り切れてしまうようなので、絶対に見たい場合は予約をした方がいいようです。
また、予約時間に遅れるとみることができないので、みんな早めに到着して広場で時間をつぶしていました。

 

ウフィツィ美術館(フィレンツェ)

ルネサンスの中心地として栄えたフィレンツェでも絶対に見逃せない美術館です。
開館の10分前くらいに到着したのですが、すでに当日券は長蛇の列でした。今回は事前にチケットを購入していたので、チケットを引き換えてすぐに入場することができたのでおすすめです。
ウフィツィといえばボッティチェリの作品なのですが、開館直後でも人だかりができるほどの人気でした。
個人的には、カラヴァッジョを楽しみにしていたのですが、早い時間に行ったので静かな環境でゆっくりと見ることができて満足でした。
美術館にはボッティチェリとカラヴァッジョ以外にも本当にたくさんの作品があり、午前中たっぷり楽しめます。

 

ピサの斜塔(ピサ)

ニュートンでも有名な斜めに傾いた塔です。ピサののどかな街並みを見ながら、駅から歩いて向かったのですが、遠くから塔のてっぺんがみえるととてもわくわくしました。
塔に登るチケットは当日でも購入できたのですが、電車の時間があるので今回は塔を見るだけでした。
周辺の広場では、観光客がみんなあの塔に手を添えるポーズの写真を撮っていて、ちょっと面白い光景が広がっています。
もちろん、私たちもいろんなパターンの写真を撮って楽しんでいたのですが、それだけでも十分に楽しめる観光スポットです。

 

コロッセオ(ローマ)

フォロロマーノと一緒に楽しめるチケットを事前に購入しました。コロッセオの周辺は午前中ですでに長蛇の列だったので、スムーズな入場にはチケットの事前購入がマストです。
かつてここから大帝国が始まって、カエサルやいろんな歴史上の人物がこの土地にいたのかと思うと、すごくロマンチックな気持ちになってきました。
コロッセオは、鉄筋が見えているのは少し残念な感じがするのですが、中に入ってみていると古代ローマ人の技術力の高さにただただ驚くばかりです。

 

バチカン美術館(ローマ)

ここもやはり入場には列ができているので、事前にチケットを購入していて正解でした。
中は本当に広いうえに、どう回ったらいいかもわからないので、事前に調べてから行けばよかったと少し後悔しています。
一番有名なシスティーナ礼拝堂は、そこに行くまでがものすごい人混みで、立ち止まることもできずに人混みに流されていれば着くことができました。
そこまでの道中にラファエロの間もありました。
どこを見ても目を見張る作品ばかりで、人混みでどんなに疲れていても最後まで見逃せない美術館です。

 

旅行にかかった費用

旅費(ホテル込パック):約20万円
観光・レジャー代:約3万円
食事代:約3万円
お土産代:約8万円
合計金額:34万円

観光へ行く人へのアドバイス

イタリアは有名観光地がたくさんあり、どこも世界中からの観光客でごった返しています。そのため、行きたいところは事前に予約をすることでかなり時間の節約になるし、絶対にいけるという安心感が生まれます。
今回ホテルも飛行機もすべて自分で手配したのですが、南北に長いイタリアは都市間を新幹線のような列車で移動できるので、自分で行き先をアレンジしやすいと思います。
また、ミラノはあまり治安がよくないイメージです。実際に、地下鉄でスリにあってしまいました。ようやくミラノについたという安心感からスキが生まれてしまったので、本当に用心は大切です。
それ以外は、レストランやホテルはフレンドリーな方が多く、楽しく快適に過ごすことができました。