日本人に人気の旅行先、バリ島で頻発している換金詐欺の手口

旅行情報

あなたの旅行先の国名・都市名

インドネシア、バリ島

あなたが旅行に行った年月

2018年11月

あなたが旅行に行った回数

60回以上

あなたの年齢、性別、職業

34歳、女性、旅行関係

一緒に旅行に行った人の人数

恋人

トラブル体験をした場所

バリ島内クタの両替

トラブル内容

どこ国でも空港内での外資両替はレートが悪いのが周知の事実。 バリ島に到着した私はいつものように空港での外貨両替はスルーし、前回のバリ旅行の際に余って持っていたバリのお金(ルピア)でタクシー代を払い、ホテルのあるクタ市内へ行きました。

ホテルチェックイン後、日本円をルピアにするため、街のそこかしこにある外貨両替所をいくつか周り、中でもレートの高かった場所を選び早速換金してもらうことに。

換金カウンターにはラフな格好をしたバリ人男性スタッフが2人。 とても感じがよく、そして不自然なまでに丁寧にお金を数え、その都度私たちに確認してきました。 一見、とても良いスタッフに見えるのですが、60回以上海外旅行に行った旅人の勘でしょうか。なんだか違和感がある。

しかし、私のそんな心配をよそに彼らは日本円からルピアに変えてくれたお金をカウンターの上で一枚一枚数えてくれ、さらに確認のため私たちにも数えるようを勧めてくれる。 ルピアは単位が小さく、この時は3万円分換金したので数えるのが大変なほどのお札の数になっていたんです。 それをスタッフと私たち自身で一枚一枚数え、数に間違いがないことを確認し、スタッフがすべての札をまとめて束にし、きれいにまとめるために札束をカウンターテーブルにトントンとした瞬間・・・・!!! 目を疑う光景が飛び込んできました。

なんとそのスタッフ、札束をきれいにまとめるふりをしてトントンとした瞬間に札束の真ん中あたりのお札を数枚、自分側のカウンターの下に落としたのです! とっさにカウンターに身を乗り出し彼の足元を確認するとお札が何枚もばら撒かれていました。 やり慣れているのか、実に自然な犯行でした。

実は私、バリ出発前にこの手口で換金トラブルにあった旅行者の体験談をたまたまネットで読み、注意していたためすぐに気付くことがでたんです。 しかし知らなければ確実に騙されていました。

スタッフにすぐに指摘しましたがしらを切り続けられ話になりません。腹は立つものの、これ以上どうする事も出来ず、運良くカウンターテーブルに出しっぱなしになっていた先ほど渡した3万円を取り返しその場を去りました。 被害は未然に防ぐことができましたが気持ちのダメージはとても大きく、しばらく旅行を楽しむ気分になれませんでした。

これは現在、バリ島内で頻繁に行われている有名な詐欺の手口です。 多くの被害者がその場では気付かず、後日「あれ?○○円換金したはずなのにルピアが少ない。」と気付くそうですがその時には後の祭り。泣き寝入りするしかありません。

せっかくのバリ旅行、嫌な思いをして旅行が台無しにならないよう、換金の際は気を抜かずしっかり注意しましょう。 特に、他の外貨両替所よりレートが高い両替所は要注意です。高いレートで旅行者を釣り、詐欺を行う心ないスタッフがいることがあります。

これを読んだあなたがバリ旅行の際にこの記事を思い出してくれることを願っています。 あなたの旅行が楽しいものになりますよう願いを込めて、私の経験とともに情報を共有いたします。

トラブルに巻き込まれないためにするべきだった行動

高いレートに釣られず、空港や免税店など信頼度の高い外資両替所を利用すべきだった