バリ島の両替所でだまされそうになった件

旅行情報

あなたの旅行先の国名・都市名

インドネシア バリ島

あなたが旅行に行った年月

2018年5月

あなたが旅行に行った回数

3回目

あなたの年齢、性別、職業

49歳 女 会社員

一緒に旅行に行った人の人数

単独

トラブル体験をした場所

クタの両替所

トラブル内容

去年インドネシアのバリ島に一人旅でいったときのこと。 ガイドブックにもいくつかトラブルの事例なんかのっていたので、気を付けてはいたんです。 例えば、お土産や併設になってるようなところは危ないとか、ほかの両替所に比べてレートがいいところはいざ両替した際に、手数料をとるしくみになってて、結果悪いレートで両替することになる、などなど。 今回私のはいった両替所は、きちんとした外貨両替の許可をもらってます・・・みたいなマークも店の看板についていて、レート表示は電光掲示板。 ガラスのドアを開けて入るとエアコンがちゃんときいてて(笑)、カウンターの中には女性がいました。 カウンターの上にもスクリーンにレートが表示されてる。お土産やに併設されてるようなのではなく、ちゃんと両替だけやってます!的なきちんとした両替所だったんです。 なのに、今思えば、入った時にちょっと違和感を感じた。

私が入ると、カウンターには女の子がいて、その奥には壁があり、その壁の後ろにお金を数えてる人がいました。 私が感じた違和感は、たぶん、そのカウンターの子が、私がはいってきてるのにコンピューターをちゃかちゃかいじってたことです。

そのあと、 スタッフ「いくら両替する?」

私「30,000円」

みたいなやり取りをして、現金を渡しました。そうすると、彼女は両替屋さんの所定の紙に、外貨の種類、金額、レート、受け取るはずの金額を書き込んでいき、 その紙を私にまわして、名前と署名をしろといってきました。 そこまでのやり取りも、どこの両替所でもあるやり取りなので、問題なかったんですが、そのレートをみると、私が外でみたはずのレートよりずいぶん低いレートになってまして!

その当時確かレートは「YEN 125.5」くらい(今となっては記憶は曖昧)つまり1万円両替すると1,255,000ルピアもらうということ。 なのに、紙に書かれていたのは「120」

私「え?違うよね?125.5って書いてあったよね?」 と反論しましたが、壁にあるスクリーンをさして、ほらと。 そうなんです、そのときにはスクリーンの表示は「120」に書き換えられてたんです。

私が反論するも、いや、最初からこうだったの一点張り。外のも見に行ったのですが、それも中で操作したのでしょう、すでに「120」にかわっていました。 ちょっと私の見間違えだったのかも?と自信がなくなってきて、ま、一家両替しちゃっても?と思ったんですが、入ってきたときの違和感が気になって、そこで両替をするのをやめて、お金を返してもらい、店をすぐ出たんです。よくよく考えれば、3万円両替して1200円ほど損をする・・その程度と言ってしまえばその程度なんですが、なんだか気分が悪かった。

で、その両替所をでて近くにコンビニがあったので、そこで買い物をして店先でジュースを飲んで、さて、歩き出そうと、その両替やの前を通ると 「125.5」に戻ってるじゃないですか!やはり私の見間違えじゃなかったんだ!人をみて、たぶんぼーっとしてそうな人には客のいないときに、すぐコンピューターで表示をかえてごまかすんだと思います。

その時は両替をやめてお金はもどしてもらったので、実際の被害はないのですが・・・。これ、まだガイドブックには載ってません。笑 バリ島旅行の際はお気をつけて。

トラブルに巻き込まれないためにするべきだった行動

変だなと思ったら、すぐお金を返してもらうこと!