女子3人でツアー使わずバルセロナ旅行

旅行情報

あなたの旅行先の国名・都市名

スペイン バルセロナ

あなたが旅行に行った年月

2016年2月

あなたが旅行に行った回数

4回目

あなたの年齢、性別、職業

31歳、女、事務

一緒に旅行に行った人の人数

友人と3人

旅行の目的

ガウディ建築巡り

旅行中にいった観光スポット

サグラダファミリア

やはり定番のサグラダファミリアに行きました。
バルセロナといえば、そしてガウディといえば、いまだ建築中のサグラダファミリアが有名ですが、本当に観光客も多くて賑わっていました。
サグラダファミリアは中にはいることができ、礼拝堂をぐるりとまわり、上の方まで行って写真を撮りました。
サグラダファミリアの魅力はその細かい細工だと思います。建物の足元には亀がいたり、さまざまな生き物が石に彫られていて、直線的で無機質な建物ではなく動く生き物のようで圧巻でした。

 

カサ・バトリョ

サグラダファミリアから歩いも行ける距離に、カサ・ミラとカサ・バトリョがあります。
どちらもガウディが設計したマンションですが、中を見学できるようになっています。なかでもカサ・バトリョは美しい青色が印象的です。
ガウディ建築といえば湾曲した壁や装飾が浮かびますが、鮮やかな色と波打つ壁はまるで海の中にいるようでした。
まさかここがマンションとして使われていたなんて、住人がうらやましすぎます。
きちんとマンションとしても機能しており、機能美も兼ね備えていました。

 

グエル公園

ガウディか建築した公園かグエル公園です。スペイン映画などでもグエル公園は見たことがあったので、感動してしまいました。
階段や岡の上の建物からベランダのように飛び出た広場は、やはりやわらかい曲線を描いていて、これぞガウディと思います。さらに色鮮やかなタイルがはめ込まれ、カラフルで細かいタイルは、まるで点描画のように見えました。
公園は無料で入れるので、ちょっとした軽食を買って休憩するにもぴったりです。たくさんの人の憩いの場になっていました。

 

カサ・ミラ

こちらもガウディ建築のマンションです。
カサ・バトリョより大きく、白い外壁が特徴です。
建物の上部には数本の棟がついており、ひょろっと長い姿は巻き貝のようでした。
カサ・バトリョか青い海そのものなら、カサ・ミラは海の底にある貝のようなマンションです。
こちらは屋上に出ることができ、屋上からはバルセロナの街が一望できます。
しかも、小さいですが、ちゃんとサグラダファミリアが見えるんです。
なかなか良いフォトスポットなのでおすすめです。

 

タパス24

ここはサグラダファミリアから15分ほどの場所、観光ホテルが並ぶ町にあるタパスのお店です。
旅行者が多い町にあるので、観光客に慣れているので利用しやすいです。
タパスは気軽なつまみのような食べ物で、そのお店なので日本で言えば居酒屋みたいな場所です。
日本語メニューもあるので注文も簡単にできました。日本人のお客さんも多かったです。
少し旅行に疲れた頃にいくと、外国語をはなすのにドキドキしなくていいのでおすすめです。

 

旅行にかかった費用

旅費:約10万円
ホテル:約5万円
観光・レジャー代:約2万円
食事代:約1.5万円
お土産代:約1.5万円
その他:
合計金額:20万円

観光へ行く人へのアドバイス

2月のバルセロナは日本人観光客が多くいました。
ツアーではないのであまり交通手段を使わず観光しましたが、サグラダファミリアのあたりはガウディ建築がたくさんあるので十分観光が楽しめました。
建築な好きな方におすすめです。

旅行情報

あなたの旅行先の国名・都市名

スペイン バルセロナ

あなたが旅行に行った年月

2016年2月

あなたが旅行に行った回数

4回目

あなたの年齢、性別、職業

31歳、女、事務

一緒に旅行に行った人の人数

友人と3人

旅行の目的

ガウディ建築巡り

旅行中にいった観光スポット

サグラダファミリア

やはり定番のサグラダファミリアに行きました。
バルセロナといえば、そしてガウディといえば、いまだ建築中のサグラダファミリアが有名ですが、本当に観光客も多くて賑わっていました。
サグラダファミリアは中にはいることができ、礼拝堂をぐるりとまわり、上の方まで行って写真を撮りました。
サグラダファミリアの魅力はその細かい細工だと思います。建物の足元には亀がいたり、さまざまな生き物が石に彫られていて、直線的で無機質な建物ではなく動く生き物のようで圧巻でした。

 

カサ・バトリョ

サグラダファミリアから歩いも行ける距離に、カサ・ミラとカサ・バトリョがあります。
どちらもガウディが設計したマンションですが、中を見学できるようになっています。なかでもカサ・バトリョは美しい青色が印象的です。
ガウディ建築といえば湾曲した壁や装飾が浮かびますが、鮮やかな色と波打つ壁はまるで海の中にいるようでした。
まさかここがマンションとして使われていたなんて、住人がうらやましすぎます。
きちんとマンションとしても機能しており、機能美も兼ね備えていました。

 

グエル公園

ガウディか建築した公園かグエル公園です。スペイン映画などでもグエル公園は見たことがあったので、感動してしまいました。
階段や岡の上の建物からベランダのように飛び出た広場は、やはりやわらかい曲線を描いていて、これぞガウディと思います。さらに色鮮やかなタイルがはめ込まれ、カラフルで細かいタイルは、まるで点描画のように見えました。
公園は無料で入れるので、ちょっとした軽食を買って休憩するにもぴったりです。たくさんの人の憩いの場になっていました。

 

カサ・ミラ

こちらもガウディ建築のマンションです。
カサ・バトリョより大きく、白い外壁が特徴です。
建物の上部には数本の棟がついており、ひょろっと長い姿は巻き貝のようでした。
カサ・バトリョか青い海そのものなら、カサ・ミラは海の底にある貝のようなマンションです。
こちらは屋上に出ることができ、屋上からはバルセロナの街が一望できます。
しかも、小さいですが、ちゃんとサグラダファミリアが見えるんです。
なかなか良いフォトスポットなのでおすすめです。

 

タパス24

ここはサグラダファミリアから15分ほどの場所、観光ホテルが並ぶ町にあるタパスのお店です。
旅行者が多い町にあるので、観光客に慣れているので利用しやすいです。
タパスは気軽なつまみのような食べ物で、そのお店なので日本で言えば居酒屋みたいな場所です。
日本語メニューもあるので注文も簡単にできました。日本人のお客さんも多かったです。
少し旅行に疲れた頃にいくと、外国語をはなすのにドキドキしなくていいのでおすすめです。

 

旅行にかかった費用

旅費:約10万円
ホテル:約5万円
観光・レジャー代:約2万円
食事代:約1.5万円
お土産代:約1.5万円
その他:
合計金額:20万円

観光へ行く人へのアドバイス

2月のバルセロナは日本人観光客が多くいました。
ツアーではないのであまり交通手段を使わず観光しましたが、サグラダファミリアのあたりはガウディ建築がたくさんあるので十分観光が楽しめました。
建築な好きな方におすすめです。