親子2人で初めてのスペイン旅行!

旅行情報

あなたの旅行先の国名・都市名

スペイン、バルセロナ、フィゲラス、カダケス

あなたが旅行に行った年月

2018年10月

あなたが旅行に行った回数

7回目

あなたの年齢、性別、職業

36歳、女、事務員

一緒に旅行に行った人の人数

娘と、現地のスペイン人の友人

旅行の目的

休暇

旅行中にいった観光スポット

ダリ美術館

サルバドールダリ自身が作った美術館。
バルセロナからエクスプレスで約一時間。
そこからさらにバスに乗る。バスで約15分もしないうちに着いたと思います。
多くの人たちがダリの美術館へ向かうので、なんとなく着いて行っても着きます。笑。
建物の上に卵のオブジェがたくさんあり、その異様さにさすがダリ、とわくわくしながら入館。見たことのない沢山の作品がこれでもかというほど展示されています。当たり前ですが全てダリの作品。ダリ好きにはたまりません。

 

カダケス

フィゲラスからバスで向かいました。
バスが到着、運転手は、入り口前に立つと、タバコを吸いながら、乗客のチケットを確認。
ここは外国だなと改めて思い知らされつつバスに乗り込むと、アジア人は私と子供のみ。あとは西洋人。乗っている人は現地付近に住んでいる人と、少しの観光客。約一時間くらい。
山道をぐっと突き進み、というか山しかない。
バスに揺られながら景色を堪能していると、奥の方に白い家がたくさん並び、太陽の光が、その白い家々を照らし、カダケスの街がとても輝いて見えました。
到着すると、とても静かな街で、人がほとんど歩いていない。聞こえる音が、教会から、時を刻む鐘の音、海の音。自分たちが歩く音。
ここはダリが最期を迎えた街。この街を気に入って住んでいたそう。
海辺に座り何十分も過ごしていたら、あまりの静けさと海の綺麗さに圧倒されて泣きました。感動です。ぜひ一度訪れて欲しい街です。

 

サグラダファミリア

バルセロナを訪れたら必須な観光地だと思います。
チケットは事前に購入。スマホで画面を見せて中に入ります。
入り口で荷物チェック有。
表から建物を見るとその作りに圧倒されます。バルセロナの空の青さと不思議な形のサグラダファミリアがとてもマッチしています。中に入ると色鮮やかなステンドグラスに見惚れてしまいました。 沢山の観光客がいますが、座るところがあるので、そこからじっくり時間をかけて中の様子を見ることができました。

 

カサミラ

ガウディによる建築物。
すべて曲線で作られたデザインは、とても美しく、中に入ると、建物はドーナツのような(真ん中が空いている)造りになっていました。
一階の中心から見上げると空が見えました。
建物の曲線に自然光が当たり、その建物がより美しく見えるように作られているのかなと、感じました。
屋上まで行くことができ、そこには沢山のオブジェがあります。これもまたスペインの太陽に照らされることで、とても輝いてみえます。
ガウディの建築の歴史も見ることができるのでおススメです。

 

シウタ・ベリャ

バルセロナの中の1区です。
この街にはキースへリングが壁に描いたアート作品が残っています。
至る所にアートっぽさを感じます。
アーティストの街で、ピカソ美術館や、おしゃれなお店がたくさん建ち並んでいます。
ラ・ボケリアという大きな市場もあり、観光客にも人気スポットで、人で賑わっていました。そこでお土産を買ったりしました。お菓子を買って食べながら市場内を回りました。市場の人たちも、観光客に慣れているので英語でも通じます。
ラ・ボケリア前はラ・ランブラ通りがあり、沢山のお店がでています。一日いても飽きません。

 

旅行にかかった費用

旅費:約15万円
ホテル:0円 友人宅宿泊
観光・レジャー代,,食事代: 友人が支払いのため0円
お土産代:約2万円
その他:
合計金額:17万円

観光へ行く人へのアドバイス

秋のスペインの観光は、日中とくに寒くもなく、一枚羽織るものを持っていれば、十分対応できました。
人気観光スポットに関しては、ひったくりが多いそう。現地の友人によると、カバンを目の前に持つことで問題はないとのこと。
実際スペインで怖い思いをすることもなく、危険を感じるということは一切ありませんでした。
レストランやバルへ子供と共に行くと、子供へお菓子をサービスしてくれたり、
時に飲み物一杯サービスしてくれたりと、とても優しい方々ばかりでした。素敵な観光スポットがたくさんのスペインへぜひ一度訪れてほしいです。