観光も食も大満足!なバルセロナ旅行

旅行情報

あなたの旅行先の国名・都市名

スペイン、バルセロナ

あなたが旅行に行った年月

2018年3月

あなたが旅行に行った回数

3回目

あなたの年齢、性別、職業

33歳、女、主婦

一緒に旅行に行った人の人数

夫と2人

旅行の目的

観光、食べ歩き

旅行中にいった観光スポット

サグラダ・ファミリア

言わずと知れた世界遺産。予定が決まっていたら、なるべく早めに入場券を事前にネットで購入しておくことをオススメします。生誕のファザードと受難のファザードがあり、エレベータで登れる券も入場券と合わせて買えます。事前にどちらに登りたいか調べておくといいです。生誕のファザードはガウディの生前に作られたものですが、とても作りが細かく、日本人がデザインした部分もあって見応えがあります。また、中のステンドグラスもとても綺麗で、夕陽の時間帯に行きましたが、ステンドグラスの光が建物内に投影されてとても綺麗でした。中にはギフトショップもあり、お土産も買えました。

 

ピカソ美術館

バルセロナでも人気の高いピカソ美術館に行って来ました。こちらもオンラインで入場券が買えます。時間ごとに区切られて販売されていて、ある枚数に達すると入れなくなるので、こちらも事前の購入がオススメです。他の有名な美術館に比べるとこじんまりとしていますが、ピカソ好きには大満足の場所です。若い時代から年代ごとにピカソの作品が網羅されていて、有名な作品を一枚見にいく、というよりピカソという画家の変遷を辿る、というイメージです。特に印象に残っているのはマドリッドのプラド美術館に展示されている世界三大絵画の一つ、「ラス・メニーナス」の連作です。ピカソなりの解釈をしようと、何枚も何枚も描かれていて、画家としての葛藤を感じられます。

 

サン ジョセップ市場

スペイン旅の大きな目的の一つが「食」な私には欠かせない場所でした。たくさんの魚介、生ハム、フルーツ、お酒などのお店が所狭しと並んでいて、見て歩くだけでももちろん楽しいですし、その場で食べることもできます!歩きながら生ハムをつまみ、カウンターで新鮮な魚介とワインをいただく。カウンターで食べれるお店では簡単なタパスも用意されていて、スペインオムレツなども楽しみましたが、とても美味しかったです。店員さんもフレンドリーで、最高です。是非旅行中の一食はこちらのサンジョセップ市場で取ることをオススメします。

 

カサ・ミラ、カサ バトリョ

サグラダファミリアだけでなく、街中にもガウディの作品はあふれています。特に有名なカサ・ミラとカサ・バトリョは同じ通り沿いにあり、観光ツアーのように歩きながらガウディの作品を見て回れます。どちらも中に入れるのですが、入場料が両方ともそれなりにかかるので、今回は外から見るだけにしました。それでも十分楽しめます。カサ・ミラは壮大で優美な曲線の建物に圧倒されますし、カサ・バトリョは装飾の色使い、細やかさがとても美しい建物です。ガウディの建築、芸術たちがバルセロナをバルセロナ足らしめているのだと感じました。

 

旧市街の中にあるカテドラルです。行くまで知らなかったのですが、観光地になっているサグラダファミリアよりもバルセロナ市民に愛されているのはこの大聖堂だそうです。もっとも格式高い大聖堂らしく、外観のデザインも繊細で美しいです。中には無料で入れますが、混み合っていないので、荘厳な雰囲気のまま楽しめます。中のステンドグラスも綺麗ですので、日が出ている時間に行く方がオススメです。ピカソ美術館にも歩いていけるので、ここの地区をまとめて歩いて回りました。

View this post on Instagram

@oyajeanistがシェアした投稿

 

旅行にかかった費用

旅費:約10万円
ホテル:約3万円
観光・レジャー代:約1万円
食事代:約1.5万円
お土産代:約1万円
その他:
合計金額:16.5万円

観光へ行く人へのアドバイス

バルセロナは観光地として人気が高いため、事前にオンラインで入場券が買えるところはできるだけ買っておくことをお勧めします。また、観光地も集まっている場所が多いので、まとめて見る場所、歩いて回るところも考えておくと効率よくまわれます。町並みを歩いて見るだけでも素敵な街です!疲れたらフレッシュオレンジジュース(これもスペイン名物で、大抵どの飲食店にもあり、注文すると生のオレンジを機械で絞ってくれる)で一息つくのもいいですよ。