旅行情報

あなたの旅行先の国名・都市名

韓国・明洞

あなたが旅行に行った年月

2018年12月

あなたが旅行に行った回数

15回目

あなたの年齢、性別、職業

31歳、女、事務職

一緒に旅行に行った人の人数

友人夫婦と4人で

旅行の目的

世界遺産、韓国料理

旅行中にいった観光スポット

明洞

羽田空港からの早朝便で8時過ぎには韓国へ到着!その後、仁川空港からタクシーで明洞近くの宿泊宿へ荷物を置きに向かいました。無事に荷物を預かってもらい、朝ごはんとしてまず、事前にリサーチしておいたおかゆのお店へ♪お店の名前は『喜粥喜粥(ヒジュッヒジュッ 희죽희죽』というところです。少し狭いお店ではありますが、とても寒い日だったので、体もぽかぽかです。まずは、明洞をフラフラ♪お目当ての化粧品などなどをまずは目星をつけて置き、またあとで買い物にいくことに!

 

景福宮(キョンポックン)

ソウルの中心部にあり、メイン観光場所の明洞から地下鉄でとても行きやすい場所にあります。私達が行ったときは、雪がパラつき、広い庭園のようになっているので、絶景でした。この景福宮は、日本でも歴史的に有名な豊臣秀吉時代からある建物のようです。ただ一度焼失し、再建した建物ということでした。このような案内も日本人向けに無料案内してくれるプランもあり、ぜひおすすめです。建物は日本のお寺や神社とは異なり、色が鮮やかであり、建物のデザインも異なります。どんな違いがあるか等も細かく見ながらだと面白いかと思います。

 

ソウルタワー

12月のシーズンだったのか、激コミで1時間半くらい外で待つことになりました。このシーズンの気温は0度を下回ることも多く、かなり寒い中での順番待ちに結構しんどい思いをしました。展望台に上るまでに、写真を撮ってくれるところがありいい記念になると思います。もちろん購入ですが^^;展望エリアは360度見渡せ、絶景見ることができます。とても印象的だったのは、お手洗いで、トイレの個室からも絶景が見れるのです(笑)。要は外からも丸見えということです。周りに建物がないので、見られる心配はないと思うのですが(笑)

 

南大門市場

ここでは色々な雑貨類が日本でいう、バザーのような感覚で売られています。韓国感あふれる雑貨が多く売っているので、お土産を買うにはおすすめの場所です。また、ザ・韓国食堂的なお店も多くあり、韓国の料理を食べるにはおすすめのお店が数多くあります。ただ、日本語があまり通じない食堂が多いので、ある程度事前に調べてから行ったほうがいいと思います。何書いてあるのか分からず、適当に頼んでみるのも、ある意味旅行のだいご味かもしれませんが(笑)

 

東大門

複数のビルで、明け方まで開店しているファッションビルが多く、洋服がかなりお手頃価格で手に入ります。色々な種類の洋服がたくさん売っており、より取り見取りです。
同じ洋服を複数のお店で扱っていることも多く、どこがお手頃なのか、値引き率が高いか等を交渉しながら買い物すると、さらに有益な買い物ができると思います。ブランドの偽物を扱っているお店も多くあり、日本語もつたない人たちが売っていたりするので、『本物の偽物あるよ~』って売り文句が少し笑えます(笑)

 

旅行にかかった費用

旅費:約6万円(ツアーパック、ホテル代込み)
観光・レジャー代:約1万円
食事代:約1.5万円
お土産代:約2万円
その他:
合計金額:約10万円

観光へ行く人へのアドバイス

12月は日本と違って本格的に外は心底冷えるくらい寒いです。ただ建物の中は外とは逆にとても暖かいので、着るものの調整が難しいです。むしろ着すぎると建物の中は汗が出てしまうくらいです。ある程度どこにいくかをプラン建てして、着るものを考えたほうがいいと思います。