旅行情報

あなたの旅行先の国名・都市名

スペイン、バルセロナ

あなたが旅行に行った年月

スペイン、バルセロナ

あなたが旅行に行った回数

40回

あなたの年齢、性別、職業

41歳、女性、自営業

一緒に旅行に行った人の人数

夫婦2名

旅行の目的

建築物の鑑賞

旅行中にいった観光スポット

グエル邸

グエル伯爵というお金持ちの元邸宅だったはずです。グエル伯爵という方はどういう立場かというとガウディの作品のために援助を施していた人として知られています。
この人なくてはガウディの作品世に残されていませんでした。市内にあり観光はしやすいです。加えて、一見の価値のある邸宅ですから、観光に入れるべきです。
観光客は多めでアジア系も多かったです。屋外ではまだ迷惑率は低いので、バルセロナでの観光はほどよくゆっくりしていました。

 

ピカソ美術館

ネットから予約を行いました。ここは入場制限が設けられています。ピカソについて勉強不足でしたが楽しめました。楽しめたというよりも、勉強になりました。
少なくても、他で見学できない絵画がありますから一見の価値があります。ピカソ興味がなくても、鑑賞しておいた方が後で興味が湧いて来た時の後悔しません。
静かに鑑賞することができました。スペインの芸術というのは非常に変わっていると思うのですが、見るべきスポットです。

 

サクラダファミリア教会

常に修復工事のイメージがあるサクラダファミリアですが、シーエムの影響で見慣れていましたので想像していましたが、現物はもっと古代遺跡のように繊細で、無造作な建物でした。観光客も多めですが、混雑してもみなければならない観光スポットでした。教会ということから、気を使いましたが外から眺めてあとにしました。
芸術性はバルセロナの中でも最も良いと思われましたし、あらゆる人に人気のスポットでした。一見の価値ありと思います。

 

グエル公園

それほど広大ではないのですが、可愛い夢のある公園でした。しかし、アニマルのデザインをみながらよく実現しようと決意したなというようなユニークな公園です。日本でいうと日本庭園という位置でしょうか。芸術性というよりも、遺産という感じでした。大人も感動しますが子供がいたらもっと感動するでしょう。すごく有名な公園ですから、興味がなくても一見の価値ありです。屋外ですから、天気のいい日に行くと綺麗に見えました。

 

カサパトリョ

ガウディ作品の建築物として今やすごく有名になっています。市内にあり観光は行いやすいですから、立ち寄りました。
やはり美というよりも、曲線を使うところなどユニークであるという方が妥当かとおもう建築物です。
好きにしたほうが勝ち的な作品でしたが、現代社会でみても夢があるんだなあと感じられましつ。ガウディの建築に興味があれば必ず抑えておきたい観光名所でした。
外から見ることができるので短時間の観光ですみます。

 

旅行にかかった費用

旅費:約20万円
ホテル:約10万円
観光・レジャー代:約4万円
食事代:約1万円
お土産代:約1万円
その他:
合計金額:36万円

観光へ行く人へのアドバイス

建築物、芸術を目的に観光したので市内観光に限られていました。移動時間はほとんどなくてその分自分たちのペースで移動できたのは楽でした。
バルセロナは海が近いのでぜひ、市外へも出てみたらよかったとやや反省しています。