旅行情報

あなたの旅行先の国名・都市名

韓国 ソウル

あなたが旅行に行った年月

2017年9月

あなたが旅行に行った回数

15回程度

あなたの年齢、性別、職業

33歳、女性、専業主婦

一緒に旅行に行った人の人数

友達と2人

旅行の目的

ショッピング、観光、韓国の食文化に触れる

旅行中にいった観光スポット

東大門エリア

東大門は問屋市場やショッピングモールが集まっているエリアです。そのため、ショッピングをするなら私はいつも東大門へ行くのはマストです。
問屋のビルは早ければ夜の8時頃からあき、夜中0時以降からあくお店も多いです。そのため、ここでのショッピングをメインで旅行するなら、
東大門エリアのホテルを予約する、または、チムジルバンのような場所で一晩過ごす、または、夜通しショッピングを楽しむなど、計画を立てられたら良いと思います。
だいたい普通のお店で買うよりも問屋のため、安く購入することが可能です。しかし、小売りをしていないお店もあるため、商品を購入する前に確認が必要です。
また、キャッシュレス大国の韓国ですが、問屋エリアになると、商品によっては現金のみという場所もあるので、現金をもっていくことをオススメします。

 

GOTO MALL(高速ターミナル駅)

韓国は地下街のショッピングモールに比較的安いお店が入っているイメージです。その中でも私が一番オススメしたいのは高速ターミナル駅直結のGOTO MALLです。
地下街のため、雨の日でも心配なくショッピングできるのが利点です。また、プチプラアクセ、カバン、服のお店が通路まっすぐにたくさん入っています。
1日いても飽きないほどショッピングを楽しめる場所です。フードコートもありますので、小腹がすいたら休憩もできます。

 

明洞エリア

韓国はソウルといえば、明洞エリア。ここに行けばグルメもカフェも、また服やコスメのショッピングなどすべて揃っています。
ソウル初心者の方は、このエリアに宿泊されることが多いと感じます。昼から遊べるエリアで、夕方からだんだんメインストリートを中心に屋台が出始めてきます。
明洞エリアに行く際は、地下鉄4号線明洞駅、地下鉄2号線乙支路入口駅どちらで降りても距離的に歩けます。いくつか縦にストリートがあるので、
順番に歩きながら、カフェで休憩しながら楽しめます。また、季節がらセール時期になると、商品によっては現金のみという場所もあるので、現金をもっていくことをオススメします。

 

梨大~弘大エリア

有名な大学が多くあり、学生街として栄えているエリアです。梨大、弘大、共にソウル地下鉄2号線で行くことができます。
明洞エリアからも15分程度で行きやすいと思います。
このエリアには大学に通う学生が多いため、安いご飯屋さんや、ここにも安くてかわいいプチプラの服屋さんが多く、インスタ映えするカフェもあります。
また、弘大はアート系の大学があり、おしゃれなご飯やさんやカフェが多いのも魅力の1つだと思います。クラブが多く夜になるとにぎわってきます。

 

南大門エリア

南大門エリアは、明洞から歩いて行けるのでセットで行く計画を立てます。
南大門一体がとても大きな市場になっており、昼からにぎわいをみせています。ここに来るとなんでも揃います。ザ韓国な食器や雑貨、食品なども購入できます。
東大門とはまた違う市場の雰囲気があります。通路には何件も屋台が並んでおり、食べ歩きにも最適です。南大門はホットクが有名です。
南大門エリアは、いつ行ってもなんともいえないパワーであふれかえっています。

 

旅行にかかった費用

旅費:約2万円
ホテル:約2万円
ショッピング:約2万円
食事代:約1万円
お土産代:約1万円
合計金額:8万円

観光へ行く人へのアドバイス

明洞エリアは日本語ができる店員の方も多く、メニューも日本語で書いてくれているお店もまだまだ多いです。
日韓問題はたびたび取り上げられますが、韓国の方はいつもパワフルがあって、優しい方も多いです。市場でご飯を食べるとおまけしてくれる方もいました。
ご飯やさんや、カフェは比較的カードで支払えるところが日本に比べて多いですが、問屋街は現金が必要な場合が多いので、現金は必ず持参しておくとよいと思います。
明洞には、レートの良い両替所もあるので、旅行前にチェックしていかれるとよいと思います。