旅行情報

あなたの旅行先の国名・都市名

ドイツ、イタリア

あなたが旅行に行った年月

2019年2月

あなたが旅行に行った回数

2回

あなたの年齢、性別、職業

20歳、女性、学生

一緒に旅行に行った人の人数

友人と二人

旅行の目的

おいしいものを食べつくして、きれいな風景を見る旅

旅行中にいった観光スポット

ローテンブルク

ドイツにある小さな街、ローテンブルク。
おとぎ話にでてくるような色とりどりのおうちでつくられた街並みがとってもかわいかったです。
小さい街なので、一日あれば十分見て回ることが出来ます。
ここで有名なお菓子、「シュネーバル」はチョコ掛けやシナモン掛けなどたくさんの種類がありディスプレイされているのが可愛いのはもちろん、
新しい食感でおいしかったです。
ドイツの中では、隠れた観光名所で電車で行くには1時間に1本程度しかないので注意が必要です。

 

ブラーノ島

イタリアのベネチアから船で30分ほどの距離にある小さな島、ブラーノ島。
かつて漁師が遠くからでも自分の家を見分けられるように家の壁を塗ったことが始まりで今でもカラフルな家が並んでいます。
家の外観の中でも、扉がすごくかわいいのでたくさん撮ってしまいます。並べて扉コレクションができるくらいです。
刺繍が有名だそうで、私も刺繍のしおりをお土産に買って帰りました。
冬の時期は霧になることが多くせっかくの色とりどりのおうちが近くまで行かないと見れないことも多かったです。
冬に訪れる際は、昼以降をお勧めします。

 

ローマ

映画『ローマの休日』で有名な観光地がたくさんあります。
特に有名なのは、トレビの泉・コロッセオ・スペイン広場へ向かいました。
全て観光客だらけでとても混んでいましたが、トレビの泉でコインを後ろ向きで投げて再訪を祈ることが出来ました。
観光客の中でも特に日本人が多かったように感じます。
スペイン広場までの道は、ブランドショップが立ち並んでいて日本の半分の価格ほどで購入することができるのでついついたくさん買ってしまいました。

 

ベネチア

ベネチアは、イタリアで始めに訪れた都市です。私たちはドイツのヒュッヘンというところから電車で向かいました。
イタリアのおいしいピザ・パスタ・ジェラート・ティラミスを一日で堪能しました。
特に、「イ・トレメルカンティ」というお店のティラミスはとてもお勧めです。
2月末で、ちょうどカーニバルの時期だったので仮装をした人がちらほら見受けられて楽しかったです。
ベネチアの街を移動する際は、船が主になっています。船酔いする人は注意が必要かもしれません。

 

フランクフルト

フランクフルト空港に到着したので、初日に訪れました。
アイゼルナーシュテッグ橋という有名な橋へもメインの駅から徒歩20分ほどで向かうことが出来ます。
その道中にもセレクトショップのようなヨーロッパらしい小物を扱ったお店がたくさんあるので楽しめます。
都会でショッピングモールがあったので早速スーパーで現地のお土産を手に入れることが出来ました。
フランクフルトといえば、のソーセージとドイツのポテトサラダ、アップルワインで乾杯しました。

 

旅行にかかった費用

旅費:約12万円
ホテル:約4万円
観光・レジャー代:約1.5万円
食事代:約2万円
お土産代:約1万円
その他:
合計金額:20万円

観光へ行く人へのアドバイス

2月のヨーロッパはフライトが比較的安いのでお勧めです。
寒さはありますが、特にイタリアは2月末だと薄いコート一枚で大丈夫なほどでした。
ローマやベネチアなど観光客が多いところではスリの被害にあっている人もいたので必ずかばんは前に持つようにして下さい。