旅行情報

あなたの旅行先の国名・都市名

台湾、台南、台北

あなたが旅行に行った年月

2019年9月

あなたが旅行に行った回数

12回

あなたの年齢、性別、職業

21歳、女、学生

一緒に旅行に行った人の人数

友人と3人

旅行の目的

台湾グルメを堪能する

旅行中にいった観光スポット

国立台湾歴史博物館

台南の市街地にあるおしゃれな西洋風の建物です。
無料で入館することができるので、私たちも散歩帰りにふらっと入りました。
台湾の文学を始め、機械や科学についても触れることができます。
油絵で描いた絵画も飾ってあり、芸術にも触れることができます。
テクノロジーを駆使しているので、付属のQRコードを読み取ると台湾の歴史的偉人についてがプロジェクターで映し出されたりと楽しんで学ぶことができます。
無料とは思えないクオリティに驚きました。

 

神農街

台南のインスタ映えスポットです。
夜に訪れたのですが、赤や黄色、青などカラフルに光り輝く提灯が吊されており、とても幻想的な雰囲気でした。
両サイドにはカフェやレストランが連なっており、台湾のグルメも食べることができます。
私たちはおしゃれなソフトクリームのお店を見つけたのでテイクアウトして歩きながら食べました。
見た目もキュートなソフトクリームを持ちながらの町並み散策はとても写真映えします。
現実を忘れてしまうくらい幻想の世界に入り浸りました。

 

九份

千と千尋の舞台にもなった観光スポットなので、日本人観光客がたくさんいました。
標高が高く、バスで山を登っていきます。そのため九份から見下ろす景色は台湾を一望できて絶景でした。
食べ物の屋台が多く連なっています。私が特に美味しいと思ったオススメの食べ歩きフードは、タロイモのシュークリームです。
50元なのですが、予想以上に大きなシュークリームでびっくりしました。
口いっぱいに頬張ると溢れそうなほどのクリームがきっしりと入っており、口の中にタロイモの甘さが広がってとても幸せな気分になれました。

 

饒河街観光夜市

台北の2大夜市のうちの1つです。
ここでオススメなのは何と言っても胡椒餅!
この夜市では1番有名で、屋台の開店前から既に行列ができていました。
入ってすぐのところにいつも行列ができているので、すぐにわかると思います。
行列なのですが回転率が良いのであっという間に買うことができました。
5人くらいのおばちゃんたちが皮を捏ねていたり具を包んでいたり油で揚げていたりと手際よく作業をしている光景を見ながら列に並ぶので、全く苦ではありませんでした。
揚げたて熱々を頬張るとパリパリの皮の中からジューシーなひき肉がたくさん出てきます。
名前の通り胡椒のピリッとした辛さがアクセントになって、台湾ビールが良く進む味でした。

 

士林夜市

こちらも台北の2大夜市のうちの1つで一番大きな規模の夜市です。
ここは食べ物の屋台の他にも雑貨が販売されていたり、射的や輪投げなどのゲームも楽しむことができます。
ここでオススメなのはスパイシーチキンです。
15センチほどの大きさのとても大きなチキンが揚げられており、外はサクサク、中はフワフワのチキンを堪能することができます。
自分の顔の大きさよりも大きなチキンなので写真映えすることも間違いなく、友達とシェアして食べたりしてとても楽しむことができました。
大きいだけではなくとってもジューシーなので、味ももちろん美味しかったです。

 

旅行にかかった費用

航空券:約2万円(往復)
ホテル:約1万円(3泊)
観光・レジャー代:約1万円
食事代:約1.5万円
お土産代:約0.5万円
その他:
合計金額:6万円

観光へ行く人へのアドバイス

食べ物がとても美味しくて、日本人の口にとても合います。
小籠包がとっても美味しいので、ぜひ様々なお店で食べ比べをしてみてください!
日本語を話せる現地の方が多いので、気軽にコミュニケーションを取ることができます。
綺麗な町並みと美味しい料理で、老若男女みなさんが楽しめる観光スポットです。