旅行情報

あなたの旅行先の国名・都市名

カナダ、トロント

あなたが旅行に行った年月

2012年8月

あなたが旅行に行った回数

5回目

あなたの年齢、性別、職業

43歳、女性、無職

一緒に旅行に行った人の人数

友人と二人

旅行の目的

友達の結婚式

旅行中にいった観光スポット

ナイアガラの滝

世界的に有名な観光スポットである、ナイアガラの滝。
まさか、それを自分の目で見られる日が来るなんて夢にも思いませんでした。
友達の家からしばらく車を走らせて現地へ。
正直なところ、あまりのすごさに、言葉を失いました。
見たこともないような大きな滝が、かなり遠くのほうまで続いていて、それはもう絶景でした。
滝の近くを通る船にも乗ったのですが水しぶきもすごくて、とても楽しかったです。
テレビなどの映像で見る以上の衝撃でした。

 

オンタリオ湖

北アメリカ大陸にある五大湖のうちでは最小の湖である、オンタリオ湖。
最小とはいえ、地球上では14番目の面積があるのだそうです。
このオンタリオ湖は、氷河により削られてできた淡水湖となります。
まるで海のように大きいことから、対岸はまったく見えません。
それまで持っていた「湖」のイメージとは大きく違っていました。
さわやかな風が吹く中、地元の人たちがランニングなどを楽しんでおり、とても心が落ち着く風景でした。

 

CNタワー

高さ553.33m、CNタワーは、トロントでも人気の観光スポットです。
1階にはお土産物屋さんがあり、カナダ各地の名産物が手に入ります。国旗を模したアイテムや、メイプルハニーなどは、こちらで購入しました。
タワーの上にのぼると、トロントの眺めが一望できます。
そして足元がガラス張り(透明)になっている部分があるのです。
試しに立ってみたのですが、下が果てしなく遠いため、かなり怖かったです。
大勢の観光客でにぎわっていました。

 

トロントアイランド

ネットなどで見かける、トロントの紹介写真は、このトロントアイランドで撮影されたものが多いのだそうです。
それも納得できる、とても美しい場所であるのが、トロントアイランドです。
私が訪れたのは夏、8月だったのですが、太陽の光はかなり強く感じられるのに、湿度はないため、とても快適です。
大勢の人がバーベキューをするなどして、アウトドアを満喫していました。
都会の中にある自然、という感じで、とても居心地の良い場所でした。

 

ハーバーフロント

トロントアイランドと同様に、気ぜわしくなく、ゆったり過ごせるのが、ハーバーフロントです。
トロントは、都会と自然がほどよく調和しており、とても落ち着く場所ですが、その中でも、このハーバーフロントは良い場所でした。
ちょうど足を運んだ時にはイベントが開催されていたため、それを見ながら過ごしました。
動物園などに比べるとインパクトは弱いかもしれませんが、もし時間があるのなら、ぜひ足を運んでみてもらいたい場所の1つです。

 

旅行にかかった費用

飛行機代:19万円(往復)
新幹線代:3万円
ホテル代:0円(友人宅に宿泊)
食費:2万円
お土産代:5万円
雑費:2万円

観光へ行く人へのアドバイス

結婚式に出席するために8月、日本ではちょうどお盆のシーズンにトロントに向かいました。
毎日とても良く晴れた美しい日が続き、最高の旅行となりました。
道行く人々も日本人に対してとてもフレンドリーに話しかけてくれますし、居心地のいい国だと感じました。
ただ、この時期は航空券が非常に高いため、できれば少し時期をずらすのがおすすめです。