旅行情報

あなたの旅行先の国名・都市名

マレーシア クアラルンプール

あなたが旅行に行った年月

2018年6月

あなたが旅行に行った回数

15回以上20回未満

あなたの年齢、性別、職業

27歳、女性、会社員(マーケター)

一緒に旅行に行った人の人数

旦那さんと二人旅

旅行の目的

モスク巡りと食巡り

旅行中にいった観光スポット

ブルーモスク

マレーシアの定番観光地の1つ、ブルーモスク。訪れる観光客のほとんどが日本人だとは聞いていましたが、来訪者履歴を見せてもらうと、本当に9割方が日本からの観光客で驚きました。現地に着くと、女性はマントとヒジャブ(イスラム圏の女性が髪を隠すために被るスカーフのようなもの)の着用を求められます。男性は長袖であれば大丈夫です。準備ができると、現地のツアーガイドさんが無料でモスクツアーをしてくれます。美しいブルーのタイルに世界一の大きさを誇るモスク、太陽の光に反射するステンドガラスなど、ツアーが始まり一歩中へ入ると、圧巻のブルーの世界です。これぞまさに、アラジンの世界だ!と大興奮したのを覚えています。ツアー中には、イスラム教についての説明もあり、なぜ1日に何度もお祈りするのか、女性と男性の信仰ルールの違いなど、普段なかなか耳にしない話が聞けて勉強になります。
相対して満足度の高い観光スポットでした。

 

ピンクモスク

クアラルンプールの中心駅KLセントラル駅から電車とタクシー、または電車と徒歩で行けるピンクモスク。市の中心からはやや離れているものの、グラブ(マレーシアのタクシー配車アプリ)を使えば、安い時は40分800円~ほどで行けてしまいます。日本と比べ、タクシー料金は本当に格安です。
ピンクモスクはブルーモスクと二大観光モスクと言われており、この日も観光客の方でいっぱいでした。中は女の子が大好きなピンク!ピンク!ピンクの世界で、まさに今時のインスタ映えにぴったりの空間です。夜はライトアップもあっているので、是非夜の時間にも行ってみるのをオススメします。夜は夜で非常にロマンティックで、圧巻です。

 

アロー通り

モスク巡りの後、おいしいマレーシア飯を求めてこのアロー通りへ向かいました。ブキビッタンと呼ばれる、観光客に人気のショッピングエリアから徒歩10分、グラブで5分程の場所にあるアロー通りでは、サテやナシゴレン、ミーゴレンにパクテーなど、マレーシアに来たら絶対に食べたい名物料理が揃っていました!特に私が気に入ったのは、マレーシア風焼き鳥のサテとフレッシュなスイカジュースです。日が落ちると明かりも付き、客引きの人達の威勢のいい声が響きます。その声ですら、マレーシアらしさが出て雰囲気がありました。アルコールは比較的高いですが、お料理は日本よりも安くボリューミーで大満足でした!

 

ツインタワー

マレーシアと言えば、やっぱりツインタワー!ということで2日目の朝と夜に見に行ってきました。クアラルンプールのシンボルというだけあり、高くそびえ立つ2本の高層ビルは圧巻でした。写真好きな方にはたまらない美しさと写真映えだと思います。2つの建物の間には、街を見渡せる展望橋のようなものがあり、スリラショッピングセンターから登れますが、5000円程とややお高めです。我が家は悩んだあげく登りませんでしたが、下からでも十分に綺麗でした。また夜になると噴水ショーも無料で開催されます。噴水だけのショーと、噴水に音楽が加わるショーの2つの種類のショーがあるので、事前に時間を調べて行かれるのをオススメします。また夜と言えどやはり暑いので、是非飲み物も購入して行かれてください。

 

マジェスティックホテル アフタヌーンティー

日本よりも物価の安いマレーシア。その為、お洒落なアフタヌーンティーが格安で楽しめると近年特に人気だそうで、私も行ってきました。色々と候補がありましたが最終的に向かったのはクアラルンプール中心街からタクシーで15分程のマジェスティックホテル(LET trainでも行けますが、少し歩きます)。クアラルンプールの中にある高級ホテルの1つです。3つのコースがありましたが、とりあえずは1番安いコースで我が家はお願いしました。しかし、それでも十分すぎるほどにボリューミーなスコーンやサンドイッチ、ケーキなどが運ばれてきます。更に、マレーシアボックスと言われる、サモサやチキンが入ったメニューも別途運ばれてきます!これで1人72リンギット(1600円くらい)なのは本当に驚きでした。お腹をきちんと空かせて、必ずまたリベンジします!

 

旅行にかかった費用

旅費:約5万円
ホテル:約1.5万円
観光・レジャー代:約1万円
食事代:約1.5万円
お土産代:約5000円
その他:交通費6000円
合計金額:10.6万円

観光へ行く人へのアドバイス

クアラルンプールは比較的コンパクトな街なので、2日あれば主要な観光地は全て見ることができると思います。ただ、マラッカやゲンティンハイランドなど少し離れた観光地に行く場合は、移動に時間がかかるので計画的に行動されてください。また、行く前にグラブアプリをダウンロードすることと、両替はKLセントラル駅1階の両替所(スーパー横)かブキビッタンの無料シャトルバス乗り場前にあるインド系の両替所をおすすめします。セントラルマーケット内の両替所なかなりレートが悪いので注意です。
基本的にマレーシアの人達は人もよく、話しかければ何でも答えてくれます。テレマカシ!(ありがとう)とお礼を言えばとても喜んでくれるので、分からないことがあればどんどん聞いてみるのもありだと思います!