旅行情報

あなたの旅行先の国名・都市名

カナダ

あなたが旅行に行った年月

2014年8月

あなたが旅行に行った回数

5回目

あなたの年齢、性別、職業

43歳、女、事務員

一緒に旅行に行った人の人数

1人

トラブル体験をした場所

カナダのトロント・ピアソン国際空港

トラブル内容

カナダに住む友人の結婚式に日本から出席したときのことです。 安く済ませるために、アメリカを経由してカナダへ。 日本からは、私と友人、二人で出発しました。 飛行機に大幅な遅延があったりしたものの、なんとかカナダに到着しました。 飛行機から降りて、現地に住む友人たちと合流する前に外貨両替をしておこうと思い立ちました。

一緒にいた友人は、事前に両替を行っていたので、両替をするのは私だけでした。 利用したのは、空港内の外貨両替所です。 細かな金額は忘れてしまいましたが数万円を出して両替を頼みました。 友人に渡すお祝いのぶんもあったため、それなりにまとまった金額でした。 市内の銀行を利用するのも考えたのですが、どのタイミングで銀行に行けるか分からなかったので、空港内で済ませるのが一番てっとり早いと思ったのです。

両替所にいたのは、中年の女性だったと記憶しています。 すぐに出てきた紙幣を受け取り、そのまま去ろうかと思いました。 しかし、なんとなく違和感があったのです。 「空港内の両替所だし、問題はないだろう」 と考えていたものの、どうしても気になったので、その場で紙幣を数えたところ、手数料を考えても明らかにお金が足りませんでした。 驚きましたが冷静に「金額が合わない」ということを伝えました。 すると、不思議なくらいすぐに、「間違えた」と追加で紙幣を渡されました。 間違えた金額がすぐに分かるのが不思議だな、と感じた理由です。 正直なところ、「間違えた」のが本当かどうかはわかりませんが、そういわれると返す言葉もありません。 きちんとお金があるかを確認して、その場を立ち去りました。

お金を数えていたことから、実際大きなトラブルに発展しなかったものの、 「もし、その場ですぐに確認しなかったら、お金が足りないままだったかもしれない」 という可能性が否定できないと、今でも考えています。 人を疑うのはあまり良くないことですが、日本よりは治安もよくないことでしょうし、確認するのは大切です。 旅行が開始したばかりでのことだったこともあって、正直なところ、かなり不快な気持ちになりました。

その後は、2度ほど、市内の銀行で外貨両替を行いました。 銀行での両替は、特に何のトラブルもなくスムーズでした。 そのため、「最初から銀行を利用していればよかったな」と思ったものです。 いずれにせよ、両替の際にきちんと確認するのはとても大切なことだと感じた出来事でした。

トラブルに巻き込まれないためにするべきだった行動

信頼性が高いといわれる空港の両替所であっても確認は大切