旅行情報

あなたの旅行先の国名・都市名

フィンランド・ロヴァニエミ

あなたが旅行に行った年月

2019年12月

あなたが旅行に行った回数

50回程度

あなたの年齢、性別、職業

44歳、女性、会社員

一緒に旅行に行った人の人数

友人と二人

旅行の目的

オーロラ鑑賞とサンタクロース

旅行中にいった観光スポット

サンタクロース村

ずっと行ってみたかったサンタクロース村に念願叶って行きました。
ロヴァニエミのダウンタウンからツアーのバスもしくは定期運行のバスでサンタクロース村に行くのですが、私たちは途中でトナカイのソリに乗って、森林の中を30分ほどを移動して、サンタクロース村に到着しました。
まずお目当てのサンタクロースに面会すべく、クリスマスシーズンなので20ー30分ほど並びました。
自分の番になると係員から英語で「どこから来たの?」と聞かれ、「日本」と答えると、サンタクロースが「こんにちは」と日本語で挨拶してくれました。フレンドリーで英語で少し会話を楽しむこともできました。
その場所に入ってから退場するまで動画も撮ってくれて、サンタクロースとの写真と合わせて購入することができます。
終了後、レジで動画写真を含むデータを購入するとダウンロード可能なリンクが書かれたカードをもらい、その日のうちに閲覧可能になりました。

 

ピルケサイエンスセンター

ダウンタウンから徒歩15分ほどのこのセンターは、珍しい森林の博物館で、北欧の森林について学ぶことができます。
モニター、模型、クイズなど、子供から大人まで楽しめる工夫が凝らされていました。特に大きなブルドーザーの運転席に座ったり、電気鋸の模型で遊んで写真を撮ったりしてインスタ映えする場所もあります。
いろんな木や紙、木からできた製品も手に触れることができたり、また紙で子供が工作できるようなスペースもあり、子供たちが楽しそうに遊んでいました。
寒い冬にゆっくり過ごすにもいい場所と思います。

 

アルクティクム博物館

ピルケサイエンスセンターの隣にある、ラップランドの歴史や生活について学ぶことができる博物館です。
太陽の光がたくさん差し込むよう大きなガラスがはめ込まれた設計で、博物館内部は雪の日でも明るいです。オーロラミニシアターでは寝転んでオーロラ鑑賞しました。天気が悪くて本物のオーロラが見られず残念でしたが、その代用になりました。
その他、北極圏の植物や動物の剥製などの展示があり、北極圏の自然のついて学ぶことができました。

 

Restaurant Nili

泊まっていたホテルからすぐで、このレストランで、最終日の夕食を食べました。
事前に予約していたのでスムーズでしたが、すぐに満席になるほど人気のお店でした。メールの返信は遅めなので、店舗で事前に予約する方が安全です。
値段が高めなので、少し食べてから行く方がいいかと思い、そうしました。
前菜の盛り合わせときのこのスープとクランベリージュースでそこそこお腹がいっぱいになりました。
お店は常に満席に近く大変人気とわかりましたが、味の感想は人それぞれという感じで、私もまあまあという印象でした。

 

Kauppayhtiö

ロヴァニエミではリーズナブルな値段で食べられるハンバーガーショップです。種類豊富で悩みましたが、トナカイ肉のハンバーガーを注文しました。
厚みがある赤身のお肉でとても美味しくて、普通のトナカイ肉のお料理よりおすすめかもと思いました。家族連れ、友人グループが多くいるお店でした。
店員さんのサービスもよく、店内も広くて長居したくなるお店です。インテリアもアンティーク調でセンス良くいろんなものがディスプレイされていました。

 

旅行にかかった費用

旅費:約15万円
ホテル:約5万円
観光・レジャー代:約3万円
食事代:約1万円
お土産代:約1万円
合計金額:約25万円

観光へ行く人へのアドバイス

時期によりますが、現在は日本よりかなり寒いので天気予報を見て服装の準備を多めにすることをお勧めします。
現地ツアーによっては防寒着を貸してくれる場合もあります。
物価が高めなので、キッチンのある宿泊施設で節約をするのがおすすめです。