旅行情報

あなたの旅行先の国名・都市名

ドイツ・ミュンヘン

あなたが旅行に行った年月

2018年5月

あなたが旅行に行った回数

7回目

あなたの年齢、性別、職業

31歳、女性、会社員

一緒に旅行に行った人の人数

一人

旅行の目的

ミュンヘン市内観光

旅行中にいった観光スポット

ミュンヘン旧市街

旧市庁舎があることで有名なミュンヘンの旧市街ですが、大変小さなエリアなので、歩いて回るのにちょうど良いです。旧市街、マリエン教会をはじめ、歴史のある教会や建物がこの辺りに密集しているので、観光しやすいです。マーケットやショッピングエリアも隣接しているので、ヨーロッパの歴史を旧市街で感じつつ、隣のエリアで最新ファッションをチェックしながらショッピングもできました。ミュンヘン観光ではマストなエリアといえます。

 

オリンピア公園

オリンピックが開催された際の記念公園となっています。大変大きな公園ですが、タワーやオリンピアホールなど、こちらも観光したいエリアはまとまっているので、公園内を長らく移動する必要はなく、移動も簡単でした。旧市街がある街の中心部からも10分ほどなので、観光に時間が余ったり、もっとミュンヘンを観光したいと思った方は簡単に観光できると思います。この時期は天気もいいので、ちょっとしたお散歩にもオススメです。

 

BMW博物館

車が好きな方に特におすすめの博物館です。ミュンヘンはBMWのメインオフィスがあるので、ミュンヘンといえばココとも言える博物館かもしれません。こちらもオリンピア公園の隣り、同じ地下鉄駅になります。中心部から10分ほどでアクセスできます。博物館自体は一つの建物なので、駆け足で見れば1時間ほど、じっくり見ても2〜3時間で見終わると思います。ただ隣りにBMWやミニのショールームがあるので、じっくり車を見たい方にはついでにショールームを見られることもオススメします。

 

ドイツ博物館

ドイツ博物館は自動車や飛行機、歴史や音楽まで見られる面白い博物館です。こちらは旧市街の隣りの駅なので、ほぼ中心部に位置しているため、アクセスは簡単です。大きな建物なので、全て見るには半日はかかると思っていた方がいいでしょう。自動車や飛行機だけではなく、楽器など女性も見ていて楽しいものもあるので、カップルでの観光にもオススメです。お土産屋さんもあり、博物館だけに変わったものが売っていて、こちらも面白かったです。

 

おもちゃ博物館

おもちゃ博物館は旧市街、旧市庁舎のすぐ隣りにあります。とても可愛らしい歴史的な建物なので、すぐに見つかります。外観だけ見ているだけでもとても楽しい気持ちになれるような博物館です。外観の写真撮影は市庁舎と合わせてマストです。小さな博物館なので、旧市街観光で少し時間が余った時などに、ちょっとだけ訪れるのも楽しいと思います。可愛らしいアイテムが揃っているので、女性だけのご旅行などではオススメの観光地です。

 

旅行にかかった費用

航空券:約12万円 ホテル:約5万円 観光・レジャー代:約5万円 食事代:約3万円 お土産代:約2万円 その他: 合計金額:27万円

観光へ行く人へのアドバイス

冬場はとても寒いので、春になる5月から夏の9月くらいまでのご旅行をオススメします。日が長く、夜10時くらいまでは外出していても大丈夫です。また安いホテルやレストランもあるので、節約しながらのご旅行ももちろん可能です。