フィリピンペソから日本円への戻しレートの悪さ

旅行情報

あなたの旅行先の国名・都市名

フィリピン(セブ島)

あなたが旅行に行った年月

2017年1月

あなたが旅行に行った回数

20回程度

あなたの年齢、性別、職業

27歳、男、都内勤めのサラリーマン

一緒に旅行に行った人の人数

2名、友人と

トラブル体験をした場所

セブ街中での両替所

トラブル内容

日本円からフィリピンペソへの外貨両替は、日本国内でするには、手数料が非常に高くおすすめできません。 ペソを準備する際には、フィリピンに入国後に空港で最小限を両替。その後に使用する分を街中の両替所でペソにすることをお勧めします。

私の体感も入りますが、日本円からフィリピンペソへ両替する場合のおすすめ順は、 フィリピンの街中 - フィリピン空港またはホテル - 日本国内 といった順番になります。 ただし、フィリピンの街中では、質の悪いマジックを見せてくれる(提示レートよりも渡される金額がなぜか少ない)両替所も少なからずあるため ペソを渡された直後に相手の見える場所で金額を確認することがとても重要です。

次にフィリピンペソが余った場合の日本円戻しに関してです。 私の訪れたセブ島には、カジノがあります。カジノでは日本円はもちろん使用できません。そのため、ペソを少し多めに準備してカジノを楽しみました。カジノでは、ビギナーズラックもあったためか、大きく負けることもなく順調にペソを増やすことができました。手元には、2~3万ペソがあったと記憶しています。 その時の私は知りませんでしたが、フィリピンペソのフィリピン国外への持ち出しは、1万ペソまでと定められており、それ以上持ち出すことができません。

数か月後に再訪の予定があったため、ペソのまま持っていてもよかったのですが、規定もあったため日本円への戻しを検討しました。 日本円からフィリピンペソへの両替は、当時のレートで 10,000円→4,600~4,800ペソであったと記憶しています。(今でも大きく変わりません。) ですが、フィリピンペソから日本円の両替は 6,000ペソ→10,000円ととても悪くなります。

フィリピン国内では、特段に治安が悪いわけではありませんが、タクシーの乗車料金に関してのぼったくりやショッピング時に法外な金額を言われるなどのトラブルがとても多いため、ぼったくりの可能性も考えショッピングモール内の両替所、ホテルなど複数の場所でレートを確認しましたが、大きくレートが変わることはありませんでした。 日本円への戻しはとても損をしてしまうため、最終的に私はショッピングをしてペソを消費することにしました。

物価の安いフィリピンですが、ショッピングモールには日本でも売っているような電子機器や洋服、バック等が購入することができます。ショッピングモールなどで購入した場合の物の質は、日本で買ったときと変わらないため、もしも多めにペソが残りそうな時には、ショッピングすることも検討してみると良いかと思います。

トラブルに巻き込まれないためにするべきだった行動

日本円からペソへ両替する際に、余りがなるべく出ないように最小限の換金をする