ダブリンの街中での両替トラブル

旅行情報

あなたの旅行先の国名・都市名

アイルランド、ダブリン

あなたが旅行に行った年月

2018年8月

あなたが旅行に行った回数

10回以上

あなたの年齢、性別、職業

2人

一緒に旅行に行った人の人数

ダブリン市内の街中の両替所

トラブル体験をした場所

夫婦でダブリンに旅行した際の出来事です。 アイルランドではどこでもクレジットカードが使えるわけではないと聞いていたので、現金は必須でした。 ただし、日本での両替はあまりレートが良くないと聞いていたので、日本円からユーロへの外貨両替は現地で行おうと決めていました。 普段、海外旅行をする際には、安全性と利便性を考慮して、いつも現地空港内の両替所を利用しています。

ところが、今回に限っては、搭乗した飛行機の現地到着が遅れてしまい、既にチケットを予約済であったショーの開演時間が迫っていたため、空港で両替をする暇もなくバタバタとダブリン市内に向かいました。 無事にショーを見終えた後で(会場は幸いクレジットカードが使えました)、日本円を現地通貨に両替しようと、ネットの地図を使ってホテルから近い両替所を探しました。土日だったので銀行は閉まっていましたが、小さな観光案内所を兼ねた両替所を1件見つけ、2人でそこへ向かうことに。 着いてみると、両替所は狭く薄暗くあまり良い雰囲気ではなかったですし、空港でチラッと見かけたレートよりも悪かったように思いますが、他の選択肢はなかったため、そこで両替することに。

カウンターに座っていた入れ墨のあるお兄さんに、恐る恐る英語で「日本円からユーロへ〇〇円分両替したい」と告げると、必要事項を記入する用紙を記入するよう促されたので、名前や両替金額を記入し、お兄さんに手渡しました。パスポート確認も要求されましたが、パスポートを渡すとチラッと見ただけですぐに返却され、少し安心。

両替金額は、滞在期間が一週間程ということもあり、夫婦2人で数万円単位。決して少ない金額ではありません。カウンター越しにお兄さんに日本円の現金を手渡すと、枚数を確認した後で、金庫からユーロを取り出し、レート計算結果のレシートとともに手渡されました。 無事に両替が終わってほっとしたのですが、なんとこの直後にトラブルが!

心配性の私は、いつも両替後はその場で提示されたレート・金額と、実際に受け取った金額が合っているか確認しています。空港の両替所でもいつも行っており、それがトラブルになったことはありません。しかし、私が「念のため確認させて」と言って受け取ったお金を数えだすと、急に両替所のお兄さんが強い口調で怒り出し、「人を疑うなんて失礼だ!」というようなことを早口の英語で怒鳴り始めました。両替所でそのような対応を受けたことがないので、私は動転してしまい、ソーリーソーリーといってすぐにその場を離れました。突然外国人に英語で怒鳴られたことで非常に悲しい気持ちになり、その後の観光は終始残念な気持ちのままでした。 結局、ホテルに戻った後で両替金額を確認したところ、レート通りの金額を受け取っていたのでそこは安心しましたが、渡されたお札の中にはレストランやバーで使用を断られるレベルでボロボロの古いお札が多く混ざっており、それも残念なポイントでした。

トラブル内容

時間がなくても空港の両替所を使うべきだったと思います。もしくは、自分たちで調べずにホテルスタッフさんに信頼できる外貨両替所を聞くべきでした。

トラブルに巻き込まれないためにするべきだった行動