ドナウの真珠と言われるハンガリーの首都ブダペスト旅行

旅行情報

あなたの旅行先の国名・都市名

ハンガリー、ブダペスト

あなたが旅行に行った年月

2017年11月

あなたが旅行に行った回数

3回目

あなたの年齢、性別、職業

38歳、男、プログラマー

一緒に旅行に行った人の人数

1人

旅行の目的

温泉とクリスマスマーケットなど

旅行中にいった観光スポット

クリスマスマーケット

ブダペストのクリスマスマーケットは11月から始まっており、特に聖イシュトヴァーン教会の周りはたくさんの屋台やイルミネーションが出ていました。
夕方17時からは教会をバックにしたプロジェクトマッピングが始まり音と光の共演がとても現像的です。
また屋台では寒い身体を温めてくれるホットワインや名物料理グヤーシュ(パプリカ煮込み)などが並んでいて、オレンジや木の実を干して作ったクリスマスのリーフもここぞとばかりたくさん買いました。

 

セーチェニ温泉

世界遺産にもなっている1号線の地下鉄に乗り、ブダペストで1番大きな温泉施設セーチェニ温泉に行ってきました。
窓口でお金を払うとリストバンドを渡されそれを付けて中に入ります。中に入ると恰幅の良い地元のおじさんや若いハンガリー人のカップル、そしてアジア系の観光客のおばちゃんといろいろな人がたくさんいました。
40度くらいと日本に比べるとやや温かったですが、電気風呂や泡風呂、野外にはプールくらいの大きな浴槽の中をぐるぐる回る流れる温泉なんていうものありました。

 

ブダ王宮

新市街からドナウ川を渡ると小高い丘があり、その上はブダペスト王宮と旧市街がありました。
丘をロープウェイで登ると、向かって左に大きな宮殿があり中に入るとハンガリー人の画家の絵が沢山飾っている国立美術館になっていました。
王宮の横は屋根がモザイク模様になっていて可愛いマーチャーシュ教会があり、その奥にはドナウ川にかかっている鎖橋を一望できる漁夫の砦もありました。
夜暗くなるとここらへん一体がライトアップされ、川の向こうに見える新市街のネオンがとてもきれいでした。

View this post on Instagram

@neetcat222がシェアした投稿

 

国会議事堂

マルギット橋の手前、ペスト側の川沿いに一層大きくてゴージャスな建物があるんですが、これはブダペストの国会議事堂です。
この国会議事堂は旅人の中で「世界で1番きれいな国会議事堂」として有名なので1度は行ってみたかった場所です。
普段は中に入れないんですが、事前にツアーに予約して特別に内部を見せてもらうことが出来ました。
中にはハンガリーの最初の国となったハンガリー帝国の初代王イシュトヴァーンの戴冠式の時に使われた王冠などが飾ってあり、迫力がありました。

 

中央市場

ブダペストで1番大きな市場で、1階はお肉や野菜などを売っている生鮮食品コーナーになっています。
豚の頭や鳥の足などをそのまま売っていて少しグロいところもありましたが、売り場のおじさんの掛け声があったりとても活気がありました。
そして2階はお土産物コーナーになっており、木でできたおもちゃやカロチェ地方で作られた刺繍のハンカチとかがたくさん売っていて、私もここでお土産物を買いました。
あと、食事コーナーも付いていて、ハンガリーの有名なマンガリッツァ豚というのもここで食べれました。

 

旅行にかかった費用

旅費:約6万円
ホテル:約2万円
観光・レジャー代:約2万円
食事代:約1万円
お土産代:約1.5万円
合計金額:12.5万円

観光へ行く人へのアドバイス

ブダペストは他のヨーロッパのパリやロンドンなどと比べてそんなに観光地化されていないのと物価も安いのでのんびりと過ごすことが出来ます。
またフォアグラやトカイワイン、マンガリッツァ豚など美味しい食べ物がたくさんあるので、是非行ってみてはどうでしょうか?