FXを始める際に一番気を付けなければならない点は多数あるFX業者の選択です。
信用担保やファンドマネージメントは二の次です。
金融庁の調査で後に顧客情報が流失していたり、管理システムが悪く資金流用してしまう業者や お客様のお金を自己売買に回したり、資金を持ち逃げするケースなども後を絶ちません。
このような悪意ある業者だけでなく、今は分別保管が義務付けられていますが、FX業者も倒産などから預け入れていた資金がすぐに変換されることが困難になるケースもあります。FX業者がしっかりと情報公開出来ているのか、代表は誰か、住所は正しいか、親会社、グループ企業は信用できるかを確かめましょう。