<<臨時休業のお知らせ>>

7/9(月)より誠に勝手ながら外貨両替業務を臨時休業とさせていただきます。

ご入金等いただいておりますお客様には随時発送は行います。

なお、お電話も休止いたしますのでご不明な点はメールにてお問合せください。


急激な為替変動等で予告無くレートが変更される場合があります。

在庫なし表示の場合はお問い合わせフォームに金額とご入用日を入力ください。入荷次第ご連絡いたします。


見落としがち!海外旅行で要注意のチェックポイント②~航空券編

飛行機に乗るために必要な航空券。近年では大手航空会社の格安航空券やLCCなど、低価格な航空券も多々あります。 ですが、どんな航空券にしても注意しなければならないポイントがあります。 今回は、航空券に関する見落としがちなチェックポイントについてです。

航空券の購入時

航空券の購入時、ちょっとしたミスで飛行機に乗れなくなったり、余分に料金がかかってしまうことがあるので注意しましょう。

名前の記入や性別ミス

ツアーなどではなく自分で海外旅行の準備をする場合、航空券も自分で購入することになりますが、ここで気をつけたいのが名前の記入ミスです。航空券の名前はローマ字で書くことになりますが、多いのがスペルの間違いなどです。たったひと文字でも間違えてしまうと大変なことになりかねません。

また、女性の場合は新婚旅行時などが要注意です。 もし航空券を旧姓で購入して、出発時には結婚後の名字に変わっていたりするとアウトです。

そしてもうひとつは性別ミスです。 男女どちらかの性別の記入ミスも、飛行機に乗れなくなる要因になります。 名前同様、男性はMR、女性はMSと、性別の確認もすることが重要です。

何にしても、航空券に記入した名前と性別は必ず事前に確認するようにしましょう。

もし間違えてしまったら…

名前や性別を間違えて予約が完了してしまうと、通常であれば、「その航空券をキャンセル→同じ飛行機の航空券を購入する」という流れになります。

とにかく最初に航空会社に連絡をして、名前の記入ミスを伝えましょう。航空会社や出発までの期間によって対応はさまざまですが、きちんと飛行機に乗れるように処理してくれます。ただし、変更のための手数料が取られるのは覚悟した方がいいでしょう。

もし、当日になって空港で気づいた場合、航空会社のカウンターで相談するしか方法はありません。このパターンだと、最悪で飛行機に乗れないこともあり得ます。

また、自分ではなく家族や友人の航空券を購入する時には特に用心しましょう。 ついうっかり、では済まされません。

事前の航空券の名前、性別確認は、特に忘れがちです。 注意しましょう。

航空券の購入後

航空券の予約が完了した後にも、いくつかの注意点があります。

航空便の最新情報をチェックする

航空券の購入後、乗る予定の飛行機の時間や便名が変更になることもあります。特に乗り継ぎ便などは注意です。 変更になったことを知らずにいると、飛行機に乗れなくなる可能性も出てきます。航空便の最新情報は、出発前から飛行機に乗るまで常にチェックすることを心がけましょう。

eチケットは2部印刷しておく

インターネットや電話で航空券を予約すると、eチケットでの予約となります。eチケットとは、座席予約を電子的に航空会社のシステム内に記録した物をいいます。 そして控えとして、「eチケットお客様控え、又は予約確認ページ」が発行されるので、これをインターネットなどで確認して印刷することが必要です。

これはあくまでも控えではありますが、海外に行く場合にはチェックインや出入国の際に提示することが必要な場合もあります。

Eチケットは2部印刷して、 1部をパスポートと一緒にしておき、もう1部は別の場所に控えとして保管しておくといいでしょう。

低価格な航空券を購入するときの基本的な注意点

最初に言ったように、現在では格安航空券を購入したりLCCを使ったりするのが当たり前になっています。ただし、価格が安い分、通常の航空券にはないデメリットもあります。ここでは、格安航空券やLCCを利用する時に注意したいポイントを紹介しておきます。

格安航空券

大手航空会社で最も安く買えるのが格安航空券です。 格安航空券は、元々は旅行会社のツアー用に用意された航空券で、これを個人で買えるようにバラ売りにしたものです。 それだけに制約も多く、
※日程変更は不可
※飛行機に乗り遅れても、救済措置がない
※マイルが貯まりにくい
などをしっかりと把握してから購入するようにしましょう。

LCC

LCCとはローコストキャリアの略称で、格安航空会社のことです。乗客を飛行機で現地に運ぶ、こと以外の部分を極力省くことで、格安な運賃を実現している航空会社です。 大手航空会社であれば、現地までの機内では至れり尽くせりな無料サービスが受けられますが、LCCではそんなサービスは皆無だと思った方がいいでしょう。

最低限の主な注意点としては、 ※遅延やフライトキャンセルの可能性も高い
※欠航便などでの補償がない
※航空券の変更やキャンセルが出来ない
※預ける荷物は有料
※機内サービス(毛布から水などまで)がすべて有料
などです。

価格が劇的に安い分、その他の部分には我慢が必要です。 まさに現地に運んで貰うだけ、ということを頭に入れておきましょう。

まとめ

せっかく航空券を予約したのに飛行機に乗れない、ということがないように、しっかりと確認することが大切です。 航空券に関するポイントを紹介したコラムもありますので、参考にしてみて下さい。

海外旅行で格安航空券の賢い利用法とポイント
http://www.interbank.co.jp/column/7093/

LCCを利用する時に気をつけたいこと http://www.interbank.co.jp/column/7102/