<<臨時休業のお知らせ>>

7/9(月)より誠に勝手ながら外貨両替業務を臨時休業とさせていただきます。

ご入金等いただいておりますお客様には随時発送は行います。

なお、お電話も休止いたしますのでご不明な点はメールにてお問合せください。


急激な為替変動等で予告無くレートが変更される場合があります。

在庫なし表示の場合はお問い合わせフォームに金額とご入用日を入力ください。入荷次第ご連絡いたします。


海外旅行で知っておきたいオーバーブッキング対策のポイント

海外旅行に行く時には、さまざまなトラブルは付きものです。その中のひとつにオーバーブッキングというものがあります。これはそう頻繁に遭遇するトラブルではありませんが、遭う可能性もあることは確かです。

万が一、オーバーブッキングになってしまった時のために、その基礎的な知識は覚えておいた方がいいでしょう。

オーバーブッキングとは…?

オーバーブッキングは日本語に訳すと“過剰予約”になります。読んで字の如く、オーバーブッキングとは、予約の数が多すぎてしまうことをいいます。そのために、飛行機では「座れるはずの席がない」、ホテルでは「泊まれるはずの部屋がない」ということになってしまいます。

では、なぜオーバーブッキングになってしまうのでしょうか?

飛行機のオーバーブッキング

航空会社では、当日の突然のキャンセル、いわゆるドタキャンによる飛行機の定員割れを防ぐために、実際の座席数よりも多い数の予約を取るのです。要するにあらかじめドタキャンを見越して、飛行機の座席がきっちりと満席になるようにする、航空会社の予防策です。ですが、これは航空会社の利益確保のために免責として認められていることなのです。飛行機を1回飛ばすには燃料も含めてかなりの経費がかかることからも、仕方のないことではあります。

航空会社は、行き先やシーズン、時間帯などからキャンセル数を予測して出来る限り満席になるように調整をします。この調整に狂いが生じるとオーバーブッキングが発生してしまうわけです。

もしオーバーブッキングになったら…

運悪くオーバーブッキングになってしまった場合、これは全面的に航空会社の責任となるので、さまざまな代替え策を取ってくれます。

座席がグレードアップする

もしエコノミークラスを予約していてオーバーブッキングなら、同じ便で空いているビジネスクラスへ、ビジネスクラスならファーストクラスへと座席をグレードアップしてくれます。オーバーブッキングではこのパターンがいちばん一般的です。これであれば、オーバーブッキングもまんざら悪くはないかもしれませんね。

別便を手配してくれる

乗る予定の便がどのクラスも満席の場合に取られる策で最も多いのが、次の飛行機の席を取ってくれるということです。ただし、その日に同じ行き先の便が無い場合には、翌日の飛行機になってしまいます。この場合には、保障としてホテル代や交通費などが支給されて、さらに迷惑料として金券やマイル、現金を支払ってくれることもあります。 ちなみに、予約した航空会社で同じ行き先の便が無い場合、他の航空会社の便に変更してくれることもあります。また、他社への変更が出来ない格安航空券だったとしても、オーバーブッキングでは例外的に手配してくれます。

座席を譲ってくれる人を探してくれる

どうしても予約した飛行機に乗りたい場合には、その便にチェックインした他のお客さんに譲ってくれる人がいないかどうかをアナウンスしてくれます。運が良ければ乗れるでしょうし、誰もいなければ乗ることはできません。

ホテルのオーバーブッキング

ホテルの場合のオーバーブッキングも、その理由はほとんど飛行機と同じです。お客さんを泊められる部屋数よりも多くの予約を取って、ドタキャンが出てもなるべく部屋が空かないようにします。ところが、ドタキャンが予想よりも少なかった場合には空き部屋数が予約数よりも少なくなってオーバーブッキングが起こります。

ホテルの場合には日本ではほとんどこのような予約方法は取っていないので、オーバーブッキングになることは滅多にありません。ですが海外では一般的な予約方法なので、オーバーブッキングになることもあり得るでしょう。

また、天候などで飛行機がフライト中止になった場合は、それまで泊まっていたお客さんがそのまま連泊することもあります。そうなると空くはずだった部屋が空かずに、オーバーブッキングと同じような状態になってしまいます。

もし、オーバーブッキングになったら…

ホテルなどでも、飛行機と同じように全面的にホテル側に責任があるので、代替え策を取ってくれます。

近隣の別ホテルに部屋を取ってくれる

いちばん一般的なのが、泊まる予定だったホテルに近くにある同じグレードのホテルに部屋を取ってくれるパターンです。もちろん、そのホテルまでのタクシー代なども出して貰えます。ですが、部屋のグレードが下がってしまったり、ホテル自体のグレードが落ちてしまうこともあります。この場合にはその差額分を現金やクーポンなどで返金してくれます。運が良ければ、グレードの高い部屋に泊まれる可能性もあるかもしれませんが…。

オーバーブッキングの防止策は?

飛行機でもホテルでも、オーバーブッキングにならないように自分で取れる防止策があります。内容的にも難しいことではないので、しておくのも手です。

早めのチェックイン(飛行機・ホテル)

飛行機でもホテルでも、なるべく早めにチェックインすることがオーバーブッキングのいちばんの防止策です。まだ座席や部屋が空いている間にチェックインしてしまえば何の問題もありません。ギリギリに近くなればなるほど、オーバーブッキングの可能性は高くなります。

予約レベルの高い航空券を買う(飛行機)

航空券には、予約レベルがあります。定価の正規航空券がいちばんレベルが高く、格安航空券のレベルがいちばん低くなります。これを考えると、オーバーブッキングを避けたいのであれば、なるべく正規に近い航空券を買うといいでしょう。もしオーバーブッキングになってしまっても、予約レベルが高ければ優先的に座席のグレードアップなどをして貰えます。

到着が遅くなりそうなら連絡を入れる(ホテル)

これは当然のことではありますが、もしホテルへの到着が遅れそうであれば、「遅くなるけど必ず行きます」ということを連絡して伝えておきましょう。予定時間よりも遅れれば予約を取り消されることにもなりますし、ギリギリでも先に着いた他の宿泊客にスライドさせてしまうこともあり得ます。

予約の再確認をする(飛行機・ホテル)

飛行機、ホテルの両方で有効なのが、予約の再確認の連絡を入れておくことです。再確認はする必要が無いことがほとんどではありますが、しておくことでオーバーブッキングを避けられる要素にもなります。

海外旅行者の中には、タダでグレードアップできるオーバーブッキングを好む人もいますが、必ずしもそうなるとは限りません。オーバーブッキングは、なるべく避けるようにしたほうが無難でしょう。また、オーバーブッキングの際の対応も、怒るような態度ではなく、冷静に“本当に困ってしまう”“どれほど楽しみにしていたか”などを訴えるようにすると印象が良くなり、何とかしてあげたい、という気持ちを湧かせて交渉もスムーズに行えるでしょう。