<<臨時休業のお知らせ>>

7/9(月)より誠に勝手ながら外貨両替業務を臨時休業とさせていただきます。

ご入金等いただいておりますお客様には随時発送は行います。

なお、お電話も休止いたしますのでご不明な点はメールにてお問合せください。


急激な為替変動等で予告無くレートが変更される場合があります。

在庫なし表示の場合はお問い合わせフォームに金額とご入用日を入力ください。入荷次第ご連絡いたします。


海外旅行で格安航空券の賢い利用方法とポイント

海外旅行に行く時に頭を悩ますもののひとつに、飛行機の旅費が上げられます。宿泊先であるホテルなどは、その料金によって内容がガラッと変わってくるので選びようがありますが、航空券の料金を考えた場合、もちろん値段によってサービスなどは変わってきますが、ぶっちゃけ無事に現地に到着してくれれば…と考える人も多いと思いますそうなると航空券などは安いに超したことはありません。

そこで利用したいのが“格安航空券”なのです。

航空券の種類とそのメリット・デメリット

飛行機の座席を取る航空券には、いくつかの種類があります。まずは主な種類とそれぞれの内容を覚えておきましょう。

普通運賃航空券

割引きなどではなく定価で買う通常の航空券のことで、ノーマル航空券とも呼ばれます。

メリット

割引きがない分、制約が少なくていちばん融通が利きやすいのがメリット。“1年間有効”“日程変更、経路変更、航空会社の変更”“払い戻しが可能”など、自分の都合によって変更ができます。また、当たり前ですが全クラスの座席で購入できて、マイルも普通に貯められます。

デメリット

割引きがないので、当然料金的にはいちばん高い航空券となります。

PEX航空券

正規割引航空券と言われる、各航空会社が割引きしている航空券です。シーズンなどによって提供されますが、割引率などは航空会社によって変わってきます。また、PEX航空券には以下のように3つの種類があります。

「IATAPEX航空券」 国際線の割引航空券のことで、IATA(国際航空運送協会)に加盟している全航空会社に共通の特別運賃となります。

「ZONEPEX航空券」 各航空会社が独自に料金を設定して、個人向けに直接販売している割引き航空券です。

「APEX航空券」 いわゆる早割り航空券のことで、事前購入時期を設定して、ZONEPEX航空券をさらに割安にしたものです。

メリット

どのPEX航空券にしても、定価である普通運賃航空券よりも安く買えることがメリットです。「IATAPEX」は各航空会社共通なので、海外旅行の予定に合わせて別の航空会社への変更をすることもできます。また、普通運賃航空券よりは少ないですが、格安航空券よりもマイルが貯めやすく、子ども料金も選ぶことが出来るので、場合によっては格安航空券よりもお得になることもあるでしょう。

デメリット

年末年始やゴールデンウィーク、お盆などの繁忙期では割引率が少なく高めの設定となります。そして「APEX航空券」では、ほとんどが予約後72時間以内に航空券を発券しないと自動的にキャンセルされてしまいます。そして後から差額運賃を徴収されることもあるので注意が必要です。全体的に普通運賃航空券よりも制約が多い、ということを覚えておきましょう。

格安航空券

前述した2種類の航空券よりも安く買うことができるのが格安航空券です。この航空券は、元々は航空会社がツアー用に旅行会社向けに安い航空券を卸していたもので、それを個人が買えるようにバラ売りしたものなのです。

メリット

とにかくいちばん安く買える航空券、というのが最大のメリットでしょう。その分でホテルのグレードを上げたり、美味しい料理を食べたりすることも出来るでしょう。

デメリット

値段が破格に安い分、制約が多いのが格安航空券のデメリットです。まずは基本的には日程を変えることはできません。これはツアー用だった航空券で搭乗することになるので仕方のないことです。これに関連することでは、万が一乗り遅れた場合でも救済措置がないことも多いです。こうなるといくら格安といってもその航空券は無駄になり、新たに航空券を買う必要があります。また、マイルがいちばん貯まりにくいということもあります。さらにPEX航空券と同様に、繁忙期には割引率がグッと下がるのも事実です。

格安航空券を買う時に注意したいポイント

いくら安く航空券が買えるといっても、無駄になっては意味がありません。格安航空券を買う時には、以下のようないくつかの注意点を考えて買うようにしましょう。

予定変更が100%ない場合に利用する

格安航空券では予定変更は厳禁です。もしわずかでも予定変更せざるを得ない可能性があるのなら、普通運賃航空券やPEX航空券にしておいたほうが無難でしょう。

海外旅行のシーズンを考える

格安航空券の割引率は、高いと約90%、低いと約50%とその落差が激しいものです。特に繁忙期だと割引率が低い上に、希望の日程で席が取れないこともあり得ます。もし日程を調整できるようであれば、オフシーズンを狙って海外旅行に行くようにすれば、割引率の高い希望の日程の航空券が取りやすくなるでしょう。

マイルを確認しておく

マイルを貯めたい、というのであれば、マイルの加算がどれくらいなのかを事前に確認しておきましょう。格安航空券の中には、マイル加算が0というものもあるので注意です。

航空券を割引きして買う場合には、「値引率が高ければそれだけ制約が多い」ということになります。格安航空券は、基本的には変更などは一切出来ないもの、ということは肝に銘じる必要があります。ちなみに、「PEX航空券」も「格安航空券」も、取れる席はすべてエコノミークラスだということも覚えておいて下さい。近年では、インターネットから割引航空券を手軽に買うことができます。自分のスケジュールや予算などと照らし合わせてしっかりと確認して、無駄なくお得に海外旅行に行けるように考えてみましょう。