【海外旅行】パックツアーと個人旅行はどっちがオススメ?

海外旅行を計画する時に、その行き方の選択肢としては2つの方法があります。 ひとつはパックツアー、もうひとつは個人旅行です。 どちらにもメリットとデメリットがあるので、自分の状況やスタイルで選ぶのがいいと思います。

選ぶ時の参考になるように、今回はパックツアーと個人旅行を比較してみましょう。

パックツアー

パックツアーとは旅行会社が旅行者向けに主催しているもので、行き先別に航空券やホテル、見学する観光地などがパックになっているものを言います。何から何までを旅行会社の方で手配してくれるので、海外に行くという不安もほとんどありません。 といってもその種類はかなり多いので、じっくりと選ぶ必要はあるでしょう。

基本的には、海外旅行初心者や外国語が苦手な方はパックツアーを選んだ方が気楽に旅行が楽しめます。

パックツアーの主な種類

パックツアーには、主に以下のような種類があります。どれも特徴があるので、自分の好みのプラン内容のものを選ぶといいでしょう。

フルパッケージプラン

海外旅行中の全てのスケジュールがあらかじめ決められているプランです。プランのテーマも観光地やグルメなど様々で、何の手間もなく気軽に海外を満喫出来ます。

一部自由行動プラン

海外旅行の日程の中で、1日ほどが自由行動になるプランです。この日はツアー参加者がそれぞれ自由に行動が可能です。また、オプショナルツアーで行きたい場所を選ぶことも出来ます。

※フリープラン

決まっているのは日程とホテルだけ、その他は終日参加者それぞれが終日自由に行動出来るプランです。決まった予定がないのでどこでどう楽しむかを自分で決める必要がありますが、それだけ自分好みの旅行が楽しめます。 自由度が高い分、価格もちょっと高めになります。

その他にも海外旅行の添乗員が同行するかどうか? 空港からホテルまでの無料送迎があるかないかなど、種類によって変わってくる部分もあります。

パックツアーのメリット

安心感

どんなパックツアーの種類にしても、安心度という点では同じです。先にも話しましたが、始めて海外に行く人などは、何の不自由もないパックツアー、その中でもフルパッケージプランを選ぶと安心できると言えるでしょう。

総合的な費用が安い

格安パックツアーなどを選ぶことによって、個人で海外旅行に行くよりも費用は安く済みます。価格が高めのツアーの場合でも、個人旅行よりも安く、その内容も充実したものになっています。 また、パックツアー料金として一括で支払いを済ませておくので、お土産代などの他には余分な費用がかからないのもメリットです。

旅行会社が全ての手続きをしてくれる

海外旅行の手続きはもちろん、ツアーの種類によっては添乗員が旅行中の様々なことをやってくれたり観光地の説明をしてくれるので手軽です。また、送迎など手厚いサービスもあります。

◎ツアーオプションもまとめて予約できる

食事やレンタカーなどのオプションをまとめて予約出来ます。自分で別々に予約すとなると結構面倒な部分もあるので、このメリットは大きいと言えるでしょう。

パックツアーのデメリット

自由度が低い1~スケジュール通りに行動する必要がある

パックツアーの種類によってその程度は変わりますが、全体的に自由度は低いです。 特にフルパッケージプランではしっかりと予定が決まっているので、参加者はその予定に従わなければなりません。 フリープランにしても日程は決まっているので、現地で予定よりも長く滞在する、などはすることは出来ません。

自由度が低い2~航空会社や宿泊先などが決まっている

当然ながら旅行会社が決めた航空会社、ホテルに宿泊するので、それらが気に入らないからと変えることなどは出来ません。また、食事なども種類が決められている場合も多いです。 ただしツアーによっては指定できるものもありますが、その分余計に費用がかかってしまうので割高になってしまいます。

自由度が低い3~団体行動をする必要がある

ツアーという名の通り、参加者全員で団体行動をすることになるのでスケジュールの融通は利かず、場合によっては待ち時間やお土産店での滞在時間が長くなったりすることもあり得ます。 さらにコースによってはあまり満足できない内容になることもあるかもしれません。

個人旅行

個人旅行では、自分の好きなように海外旅行計画を立てられますが、何から何までを自分でする必要があるので結構手間がかかると言えます。

個人旅行のメリット

自由度が高い

旅行の日程から航空会社、ホテル、行きたい観光地など、とにかく全てを自由に決められるのが個人旅行の最大のメリットです。 予定していた観光地巡りや日程を、現地で急に変更しても何の問題もありません。思ったより疲れたので今日は半日ホテルでゆっくりする、ということも可能です。

費用を自分で調節できる

ツアーのように最初から決められた費用ではないので、現地で好きなように費用をかけたり抑えたりすることも出来ます。

ガイドブックに載っていないような場所にも行ける

ツアーのプランの場合、巡る観光地はほとんどが有名所になりますが、個人旅行ならばガイドブックに載っていないマイナーな場所に行くことも出来ます。知人から教えて貰ったり現地で知ったような場所に行くことで、より刺激的な体験ができる可能性もあるでしょう。 ただし、安全面をしっかりと考える必要があるので、無理は禁物です。

個人旅行のデメリット

全ての手続きを自分でする必要がある

当たり前のことですが、海外旅行の準備は全て自分でやる必要があります。ツアーの場合には荷物やパスポートの準備だけで済みますが、個人だと航空会社からホテルの予約、スケジュールの調整、現地でどう移動するかの計画までを考えなければなりません。 そういう部分では、海外に行き慣れて旅行の準備段階から含めて楽しめるような人向け、といえるかもしれません。

現地での対応も自分でしなければならない

旅行前の準備だけではなく、現地の空港やホテルなどの対応も自分でやらなければなりません。近年ではポータブル翻訳機などもあるので昔ほどではありませんが、外国語が不得手な人は不安が大きいかもしれません。

何かあっても自己責任

現地で何かしらのトラブルがあった場合、事の大小に係わらず全てを自分で対応しなければなりません。 何があってもそれは自己責任です。個人で海外旅行に行く時には、これは十分に考えておくことが大切です。

基本的に費用が割高

団体客として航空券やホテルを予約するツアーでは、個々で別々に予約をするよりも費用は安くなりますが、個人の場合には種類によってはかなり割高になることも覚えておきましょう。

以上のことを考えると、基本的には、 「パックツアー」→海外旅行初心者・旅行の手続きが面倒な人・総経費を少しでも安く旅行をしたい人向け

「個人旅行」→海外旅行に慣れている人・有名所の観光には見飽きた人・計画や手続きを含めて楽しめる人・費用は高くても自由に海外を満喫したい人向け

と言ったところでしょうか。

パックツアー、個人旅行それぞれのより詳しいポイントは、本サイトの以下のコラムを参考にして下さい。

海外旅行でパックツアーを選ぶ時のポイント http://www.interbank.co.jp/column/6860/

個人海外旅行の満足度を上げるポイントとは http://www.interbank.co.jp/column/6854/