個人海外旅行の満足度を上げるポイントとは

海外旅行に行く時には、旅行会社のパックツアーが安心で便利なものです。ですが、少し海外に行き慣れてくると自分なりに現地を楽しみたくなることもあるでしょう。タイトなスケジュールに縛られることなく、好きな飛行機に乗って好みのホテルに泊まることが出来る。さらに日程などのいろいろな変更も思いのままに出来るのが、個人旅行のいいところです。

ただし、個人で行くからには何から何まで全てを自分でやらなければなりませんし、気をつけたい部分も多々あります。今回は、個人旅行を計画して旅立ち、満足して帰ってくるためのポイントをご紹介しましょう。

海外旅行の計画のしかた

まずは海外旅行に行くための準備の手順からです。見落としのないよう、後で慌てないで済むように万全にしておきましょう。

0、予算を決める、その1

計画の前に、旅行に使う予算をだいたい決めておきましょう。お金をかければかけるだけ豪華な海外旅行にはなりますが、そうもいきません。航空券や宿泊代、さらに現地でかかる費用を合わせてどれくらいかけるのか?旅行会社のツアーパンフレットなどを参考にして算出すると解りやすいかもしれません。

1、海外旅行の日程を決める

まずは旅行の日程です。仕事などの個人的な都合もありますが、この時に考えたいのが行くシーズンです。飛行機の航空券にしてもホテルの宿泊費にしても、年末年始やゴールデンウィーク、夏休み期間は割高です。これを考えると出来ることなら1月や3月、8月や12月は避けて、その他のオフシーズンを選ぶのがいいでしょう。

2、どの国のどこに行くかを決める

あらかじめ行きたい国が決まっていれば別ですが、そうではなく海外に行きたい、というのであれば、日程や予算を念頭に置いてどの国を訪れたいかを考えてみましょう。長めの日程が取れるならヨーロッパなども可能ですが、短い期間で楽しみたいなら移動時間の短いアジア諸国も候補になるでしょう。また、行きたい国の状勢も事前にチェックしておきます。経済が不安定だったり内政が荒れているような国は危険度も高くなります。安全を前提にしておくことも大切です。

3、現地での行動スケジュールを考える

現地に何日間滞在できるのかを考えて、行動スケジュールを決めておきます。ですが、環境も習慣も異なる海外では、行き慣れていたとしてもスケジュール通りにいくかは疑問です。取りあえずはザックリと、1日目はこの町に行く、2日目はここ、という感じでスケジュールを考えましょう。

4、飛行機の席を取る

航空券は、早めの予約がオススメです。これだと安く購入できることがあるのです。 予約は、どの空港からの飛行機なのかをチェックして、出発&到着時間を検討しながら取るようにしましょう。関東の場合、わりと羽田と成田を間違えやすいので注意です。

最近ではインターネットの予約サイトで簡単にチェックや予約ができるので、見てみましょう。機内でも楽しみたいなら多少高めもアリですが、ただの移動と考えて費用を節約するなら、格安航空券を取る、というのも方法です。

5、宿泊するホテルを予約する

ホテルは現地での自分のベースにもなる場所なので、ここはしっかりと考えた方がいいでしょう。ホテルには場所によってさまざまな特徴があるので、そこを見て検討しましょう。食事や立地、ホテルからの景色など、自分の好みのホテルをチェックです。もしホテルは寝るだけでもいい、というのであればコテージなどを予約するのもいいですが、かなり旅慣れしている人向きなので、今回は安全性も高いホテルをオススメします。また、ホテルに無料WiFiがあるかどうかも同時に見ておくと便利です。

6、予算を決める、最終決定

飛行機やホテルの予約と現地でのスケジュールを確認して、最初に決めた予算で問題ないかを確認しましょう。ここまでくると、浮動費用は現地での行動費だけのはず。だいたいの目安が見えてくるはずです。

その他の手続き

実際の行動に関する計画の他に、海外に行く手続き上の準備、現地で快適に過ごすための準備も必要です。

パスポート

海外に行くには必ず必要なのがパスポートです。持っていなければ取得しなければなりませんし、持っているなら有効期限が切れていないかを事前にチェックです。また、主だった観光地では不要ですが、そうではない国だとビザが必要な場合もあります。念のために確認して、必要なら取得しておきましょう。

パスポート取得の詳しい情報は以下をチェック!

パスポートの新規申請の流れと方法について
http://www.interbank.co.jp/column/6827/

クレジットカード

海外では現金よりも活躍するのがクレジットカードです。逆にいえばクレジットカードがないと何も出来ないこともあり得ます。自分の持っているカードは海外でも使えるのか?ショッピングやキャッシングの限度額に余裕があるか?有効期限は切れていないのか?などを必ず確認しておきましょう。

海外旅行保険

海外で使えるクレジットカードなら付帯していますが、海外旅行保険の確認も必須です。クレジットカード付帯の保険の場合にはどんなことをどこまで補償してくれるのかをチェックしましょう。不安なようであれば、保険会社の海外旅行保険に入っておくのもいいでしょう。

海外旅行保険の詳しい情報は以下をチェック!

クレジットカード付帯の海外旅行保険の選ぶポイントは?
http://www.interbank.co.jp/column/6062/

現地で快適に過ごす準備

スマートフォン関連

海外の個人旅行の場合、情報収集はとても重要です。近年の情報収集の要といえばスマホ。移動のためのマップから観光地などの情報までをチェックするためにも、基本的な以下の2点の準備はしておきましょう。

WiFiルーター

大手キャリアの海外パケット通信サービスを使うのもいいのですが、これだと1日にかかる費用が高額になる可能性も。そこで利用したいのが海外WiFiルーターです。ルーターをレンタルして持っていけばどこでもスマホを使えます。ただし、繋がる範囲などが異なる場合もあるので、レンタル契約をする前に確認しておきましょう。またWiFiルーターのレンタル以外にもスマホを使う方法はあるので、興味のある方は以下のコラムをチェックして下さい。

スマホ関連の詳しい情報は以下をチェック!

「海外旅行で安心してスマホを使えるようにする方法」
http://www.interbank.co.jp/column/6323/

ガイドブック

スマホがあれば必要ないと思うかもしれませんが、どんな場所でもすぐ見られるという意味でガイドブックを持っていくのもいいでしょう。あらかじめ読んでおいて、気になるページに印を付けておけば、現地でちょっとした情報を知りたいときには便利です。また、編集部オススメの飲食店や観光地なども掲載されているので参考になるでしょう。ガイドブックを買うときには、いちばん新しい出版日のものにしましょう。本の場合、情報が古いことも多々あるので、常に新しい情報で確認するのがベストです。

翻訳機

旅行の行き先である国の言葉に自信があれば不要ですが、外国語での会話に不安があるのなら、翻訳機があると便利です。最近では見ながら自分で会話するタイプの他にも、翻訳機自体が音声で喋ってくれるようなものもあります。

セキュリティグッズ

海外への個人旅行は、「自由な行動=開放感+危険度も高い」ということがいえます。セキュリティ面では、ツアーの時よりもより注意が必要となります。最近では色々なセキュリティグッズがあるので、これらを使うと安全度も高くなるはず。他には、トラブルがあったときのために、旅行先の日本大使館や病院などの場所と連絡先を出発前にチェックしてメモを持っていきましょう。

セキュリティグッズの詳しい情報は以下をチェック!

「持っていくと安心! 海外旅行盗難防止グッズ」
http://www.interbank.co.jp/column/6060/

個人での海外旅行は準備段階から大変ですが、その分自由気ままに現地を堪能できます。また、現地でちょっとしたオプショナルツアーや日本語ガイド付きツアー、バスツアーなどを利用するのもいいかもしれません。旅行会社サイトなどでチェックしてみましょう。

まずは安全第一を心がけて、自分なりの海外旅行を楽しみましょう。