海外旅行で必ず利用するであろう免税店。免税店は基本的に“税金がかからないで品物が安く買える”のですが、免税店にも種類があり、その利用方法と注意点を知ることでお得に安心して利用することが出来ます。今回は、免税店を含めて“免税”についてのお話をしていきましょう。

免税店には2つの種類がある

まず、免税店には「DUTY FREE SHOP」と「TAX FREE SHOP」の2種類があることを覚えておきましょう。そしてそれぞれのSHOPでは免税の種類が異なってきます。

DUTY FREE SHOP」

「DUTY FREE SHOP」とは、主に空港の免税エリアなどにあるお店のことで、商品を買うときに最初から“関税、酒税、たばこ税”などのあらゆる税金が免除された免税価格になっているお店のことです。これは、空港内の国際線で出国ゲート抜けると“どこの国にも属さない場所”になることで、税金をかけることが出来ないことから免税価格で買うことができるのです。何の手間もなく免税品が買えることから、通常の海外旅行者がよく利用するお店となっています。そして空港内の免税店で買ったものは、すぐに開封して使うことが出来ます。ただし、液体物だけは別になっていて、次の国への入国手続きを済ませるまでは開封することが出来ないので注意しましょう。

TAX FREE SHOP

「TAX FREE SHOP」は空港内ではなくて、基本的には町中の百貨店や家電などの量販店にある免税店のこと。こちらでは消費税のみが免税されるようになっています。このことからも、酒税やタバコ税などの特別な税金がかかるものは「DUTY FREE SHOP」で買った方がお得だといえます。そして一般的には、購入時には通常価格で買い物をして後から免税されるように手続きをする必要があります。ちょっと面倒ではありますが、空港内のお店のほとんどが定価販売なのに対して、中には割引きしているお店も存在します。

免税店を利用する時に必要なこと

免税店を利用するには、空港券やパスポート、または決められた書類を提出する必要があります。そして後から免税をする手続きが必要なお店では、購入時に必要な書類を貰うことが出来るので、忘れずに受け取っておきましょう。また、購入した商品は出国するまでは絶対に開封してはダメです。もし開封してしまうと、使用済みの品物と見なされて免税手続きが取れなくなってしまいます。

免税店をお得に利用するには…

免税店を利用するには、注意しておきたい点があります。それらを解説していきましょう。

為替レート

まずは為替レートです。免税店はなぜ価格が安いかというと、税金面が免除されているからです。前述したように町のお店の中には値引き価格で売っている所もありますが、基本的には商品自体の値段が安いわけではありません。このことから、日本円と現地での為替レートを考えて円高であればお得に買い物が出来るということになります。特にブランド物などは定価で買うことになるので(ブランド物で安売り、は偽物と考えた方がいい)、レートをよく確認してから買うようにしないと、逆に日本で買った方が安かった、となりかねないので気をつけましょう。

免税率

免税率は国によって大きく異なってきます。消費税にしても、日本のように一律8パーセントではなく、日常品の税率は安く、高級品には高い税率が課せられている国も多いのです。そして税金の返還率も異なってきます。日本と同様に1日の買い物合計金額が一定以上であれば免税される国もあれば、買い物をしたお店ごとの合計金額が一定以上であれば免税可能な国もあります。この差はかなり大きいので、海外旅行に出発する前に確認しておき、それぞれによって考えた方がお得に買い物ができるでしょう。

免税には限度がある

免税といっても、その範囲は無限ではなくて限度があります。この限度以上に買い物をすると課税されることになるので、限度を知っておく必要があります。主な商品の限度(税関のサイトから抜粋したもの)は以下の通りです。 海外旅行者の免税範囲(成人ひとりあたり)

酒類

3本 1本760mlのもの。

たばこ

200本(日本製&外国製の紙巻きたばこ)・50本(葉巻)・250g(その他) 外国に居住している人は免税範囲は2倍。

香水

2オンス 1オンスは約28ml。オーデコロン、オードドワレは対象外。

その他の品目

20万円(海外市価の合計額) 1・合計額が20万円を超える場合には、20万円以内が免税で、残りの額に課税。 2・1個で20万円を超える品物の場合には、その額全額に課税。 3・1品目ごとの海外市価の合計額が1万円以下の場合は原則として免税。

さらに詳しい内容を知りたい場合には、税関のサイトをチェックして下さい。

税関サイト(海外旅行者の免税範囲) http://www.customs.go.jp/kaigairyoko/menzei.htm

また、免税に関する内容は変更されることもあるので、海外旅行を予定しているのであれば最新の情報をチェックするようにしましょう。いちばん楽な免税品の買い方としては空港内のお店を利用することなのですが、それには買える種類に限りが出てきます。せっかく海外に行ったのであれば、町へ出て様々なものを見ながらショッピングをしたいものです。事前に現地の免税情報をしっかりとチェックして、賢くお得に買い物をしましょう。

海外旅行,免税店,お得.利用法,注意点