<<臨時休業のお知らせ>>

7/9(月)より誠に勝手ながら外貨両替業務を臨時休業とさせていただきます。

ご入金等いただいておりますお客様には随時発送は行います。

なお、お電話も休止いたしますのでご不明な点はメールにてお問合せください。


急激な為替変動等で予告無くレートが変更される場合があります。

在庫なし表示の場合はお問い合わせフォームに金額とご入用日を入力ください。入荷次第ご連絡いたします。


海外旅行に行く時にまず悩むのが、空港には飛行機搭乗のどれくらい前に行けばいいか? ということではないでしょうか?旅行慣れしている人なら悩むことはないでしょうが、初めての海外旅行などではちょっと心配になってしまいますよね?そこで、今回は空港には何時間前にチェックインすればいいのかを解説していきましょう。

空港チェックインの基本

よく言われるのは、国際線では基本的に出発時間の2時間前に着くようにする、ということです。海外旅行の場合、国内と違って色々と搭乗手続きが必要となるので、これを考えて余裕を持って2時間、ということなのです。

国際線に乗るため必要な手続き

海外に行くために必要な、基本的な手続きは以下の通りです。

チェックイン

空港に着いたら、まずはチェックインを行います。 ちなみに、空港でのチェックインとは搭乗手続きのことをいいます。 自分が乗る飛行機の航空会社のカウンターへ行って、航空券とパスポートを提示します。 そして荷物を預けたら、搭乗券と手荷物引換証(クレイムタグ)を受け取ります。 ツアーの場合には、チェックインの手続きを旅行会社がやってくれる場合もあります。

セキュリティチェック

次は、機内に持ち込む手荷物の検査です。 バッグやスーツケース、カバンなどはX線で、本人は金属探知機のゲートをくぐります。 この時に、カギや硬貨など金属のものを持っていると引っかかってしまうので注意しましょう。

税関

時計などの貴金属で外国製のブランドものや、100万円相当額の現金を持っていく場合には税関で手続きが必要なので、書類に記入して提出します。

出国審査

パスポートと搭乗券、記入した出入国カードを提出して、ひとりずつ審査を受けます。 出入国カードの用紙はカウンターなどに置いてあるので、事前に記入してから審査を受けましょう。 近年では、テロが多発していることもあり審査が厳しくなってはいますが、普通に海外旅行に行くのであればさほど心配する必要もないでしょう。 ただし、現地の国によってはかなり厳しい場合もあるので、時間がかかる可能性があるのを覚えておきましょう。 審査でOKが出ればパスポートにスタンプを押してくれて、搭乗券と出入国カードの半券を受け取って審査終了です。

搭乗

手続きの全てが終わったら、搭乗券に書かれている搭乗ゲートに行って飛行機に乗り、あとは出発を待つばかりです。

以上の手続きに丸々2時間かかるわけではないので時間が余ることにはなりますが、空港はとても広いので中に入るのに移動時間がかかることや、ギリギリでは何かあったときに間に合わなくなる可能性もあるので、余裕を持って空港に到着するようにしましょう。 また、ツアーなどの場合にはそのツアーに参加する人たちの集合時間が決まっているので、その時間に行くようにすることです。搭乗に間に合えばいいと考えて時間を守らないと、他のツアー参加者たちに迷惑をかけることになってしまいます。

航空会社のほとんどは、約1時間前がチェックインの締め切り

成田空港や関西空港、中部国際空港などから出発する航空会社のほとんどは、チェックインの締め切りを出発の約1時間前に設定しています。 これを過ぎてしまうとチェックイン拒否、という場合もあるので注意が必要です。 また、JAL国際線のファーストクラスやビジネスクラスの搭乗者の場合には出発の45分前までが締め切りとなります。

チェックインに間に合わない場合は早急に連絡をする

これは航空会社によって異なりますが、国際線の場合、極限のギリギリ時間としては 40分前が限度で、それ以上になるとチェックインを受け付けないのが一般的です。 万が一、空港に着くのが1時間前を超えてしまう場合には、なるべく早く航空会社の空港カウンターや予約センターに連絡をしましょう。 予約変更が可能であれば、本来搭乗券の出発時間よりも後発の便に振り替えて貰えることも可能です。ただし翌日以降になってしまうこともあり得ます。 もし予約変更が不可能だと、その搭乗券は無効になってしまい、新たに買い直す必要が出てきます。 そうならないためにも、余裕を持って空港に行くように心がけましょう。

空港で余った時間を過ごすには…

チェックインの手続きが全て終わって時間が余ったらどうすればいいのか? 空港の制限エリアには様々な施設があるので、時間をもてあますことはまずないといえます。 ラウンジやフードコートなどの飲食店、免税店などのショップを見て回るといいでしょう。中には空港限定で販売しているグッズなどもあるので、色々とチェックしてみるのも楽しいはずです。 もし、出発前に空港内でたっぷりと楽しみたいというのであれば、2時間とはいわずもっと前に空港に着くようにするのもいいでしょう。 ただし、あまり熱中しすぎて出発時間に間に合わなくなった、とならないように気をつけましょう。

2時間前に空港に着くのが基本、と説明してきましたが、年末年始やゴールデンウィーク、夏休みなどの期間は海外旅行者も多く混み合うことも多いので、これらの期間には3時間前に空港に行くようにした方が無難です。 また、初めて行く空港だと迷ってしまうこともあるので、やはり2時間よりも前に空港に着くようにしたほうがいいかもしれません。 そして座席指定のないエコノミークラスの航空券の場合、空港で座席が決定することになるので、なるべく早くチェックインをしたほうが希望の座席がとれる可能性も高くなります。

2時間前は最低限、間に合わないよりは時間が余った方がいいのは当然のことです。 空港へは余裕を持って着くように心がけましょう。