旅行に行く時の楽しみは現地で美味しいものを食べたり、そこでしか観られないものを見学したり、お土産を買ったりすることですよね! そしてそれらを楽しむためには、相応のお金を持っていく必要があります。 現金は当然のこと、クレジットカードなどがあればさらに安心です。

国内であればこれでいいのですが、海外旅行の場合にはもう少し考える必要があります。 現金の場合には現地通貨でどれくらい持っていればいいのか? 日本円は必要か? キャッシュカードとクレジットカードは? そこで、今回は海外旅行に行く時に持っていれば安心な種類と、その基本的な金額を考えていきましょう。

お金の持っていき方を比較してみる

海外旅行に持っていくお金の種類としては、どんな時にも対応出来るように基本的には複数種類で持っていくと安心です。 ただし、それぞれに於いてメリットやデメリットはあるので、覚えておくといいでしょう。

現金

メリット

“いつもニコニコ現金払い!”なんてコトバがありますが、海外旅行先で何の手間もなくていちばんラクな支払い方法が現金払いです。お財布からスッと出して払えば済む現金が基本的にはオススメです。

デメリット

海外旅行で最も怖いのが現金を落としたり盗まれたりすることです。 どの国に行こうと、基本的には日本より安全な国はほとんどないといえます。さらに日本からの旅行者は狙われやすい傾向にあるともいわれています。そして現金の場合、落としても盗まれても帰ってくることはまずないでしょう。 これを考えると、万が一の場合に備えてあまり多くの現金を持っているのは危険、ともいえるのです。

国際キャッシュカード&クレジットカード

メリット

クレジットカードなどのメリットのいちばんは、現金がなくても食事や買い物が出来る、ということです。 国際キャッシュカードがあれば預金を現地通貨の現金で引き出せますし、必要ならキャッシュカードでキャッシングすることも出来ます。 また、現金と違って、万が一落としたり盗まれてしまった場合にもカードの使用を止めれば被害を最小限に止めることも可能です。 そしてもし現地で外貨両替をするとしても、国によってはキャッシングの方が手数料などが安く済むということです。

デメリット

カードを使うときには、現地言語である程度の会話が必要となります。そして小さな店の場合だと、カードが使えないこともあるので要注意です。もしカードを使う予定であれば、入ったお店でカードが使えるかどうかをチェックしておくことは必須です。 また、キャッシングをする時には自分の持っているカードに対応しているATMなどを探して、そこに行かなければならないので、その分手間と時間がかかります。

海外旅行中にいちばん便利で安心な金額とは…?

いちばん便利で安心できるようにするにはどういう風にどれくらいの金額のお金を持っていけばいいのか? これは海外旅行への行き先や行き方、滞在日数、旅行の目的などによって変わってくるので、一概にはいえないところがあります。 ですので基本的な旅行形態の例を取って、その金額を紹介していきましょう。

持っていく現金の割合は…?

予算というのは旅行形態によって異なると思いますが、持っていく現金のおおよその目安としては、 「1日○○○○円×滞在日数+予備」 となります。

また、現地で購入するものが決まっていてそれが高価な場合などは、当然のことですがカードで払うようにした方が安全です。

このことを前提にして、旅行形態別に持っていく現金の額を考えてみます。

フリーでの海外旅行

かなり海外旅行に慣れている人しかしないとは思うのですが、一切の予約なしで海外に行く場合に最低限必要となるのは、 ・自宅から空港までの交通費&食事代 ・旅行先の空港からホテルまでの交通費&食事代 ・旅行先で支払うホテル代&食事代&チップ です。 これに加えて買い物代などが必要です。 持っていく予算に対する現金の比率としては、 「現地通貨3割程度の現金」 「日本通貨1割程度の現金」 「クレジットカード」 というのがいいでしょう。

パッケージで申し込んだ海外ツアー

ツアーの種類にもよりますが、ほどんどの場合は飛行機代、ホテル代、食事代などは含まれているので、持っていく現金も少なくて済みます。 「1日1000円×滞在日数」 というのが目安です。 これに加えて買い物代などを予備として持っていればいいでしょう。

海外航空券+ホテル代のみを予約した海外旅行

飛行機代、ホテル代の必要がないので、あとは食事代や買い物代を現金として持っていればいいでしょう。 「1日5000~10000円×滞在日数」 が目安です。 そこそこの金額の現金が必要なので、フリーと同じような現金比率で考えるといいでしょう。

海外航空券のみを予約した海外旅行

飛行機代のみ必要がないので、ホテル代その他は全て現地で支払う必要があります。 「1日10000~20000円×滞在日数」 と考えましょう。 また、ホテル代などは事前にどれくらいかかるのかをチェックしておくことも大切です。 現金比率はフリーと同じような割合でいいと思います。 事前に解るホテル代はクレジットカードで支払うようにすれば、持っていく現金もその分少なくて済むでしょう。 この旅行形態は、ちょっと海外旅行に慣れてきた人が自由に楽しみたい形態として選ぶことも多いとは思いますが、フリー以外ではいちばん現金が必要になるので、安全面には充分に注意しましょう。

外貨両替についての注意点として…

もし現地通貨が足りなくなってしまったら、旅行先で外貨両替をすることになるのですが、その時には、いくつか注意しておきたいポイントがあります。

外貨両替するタイミング

団体ツアーなどの場合、行動スケジュールが決まっているので自分のタイミングで両替に行けないこともあり得ます。 事前に旅行会社に確認しておくようにしましょう。

外貨両替するのは日本がいいか現地がいいか?

両替するときの手数料などを考えて、どこで両替するのが得なのかを考えることも大切です。 例えば、アメリカドルやユーロなどは日本で外貨両替した方が有利ですが、それ以外の通貨では現地両替の方が有利な場合もあります。 また、国によっては日本円を受け付けていないところもあるので、どちらにしても最低限必要となる現地通貨は現金として持っていた方が安心です。

行き際や目的によって、いざという時に慌てないで済む最低限の現金を割り出して持っていくことが、安心して海外旅行を楽しむためのコツといえるでしょう!

お申込みは以下のフォームからお願いします。

お問い合わせ
名前 ※必須
メールアドレス ※必須(hotmailのドメイン以外のアドレスでできればご登録ください)
TEL ※必須
当社から予約可否の連絡 ※必須 メー ル
電話
ご来店希望日 ※必須
ご来店希望時間 ※必須
通貨の種類と売買 ※必須 USドルご購入
USドルご売却
ユーロご購入
ユーロご売却
英ポンドご購入
英ポンドご売却
中国人民元ご購入
中国人民元ご売却
韓国ウォンご購入
韓国ウォンご売却
オーストラリアドルご購入
オーストラリアドルご売却
香港ドルご購入
香港ドルご売却
その他両替(通貨の金額と売買を記入)
お取引金額 (外貨通貨単位で記入) ※必須
その他備考またはご質問