<<臨時休業のお知らせ>>

7/9(月)より誠に勝手ながら外貨両替業務を臨時休業とさせていただきます。

ご入金等いただいておりますお客様には随時発送は行います。

なお、お電話も休止いたしますのでご不明な点はメールにてお問合せください。


急激な為替変動等で予告無くレートが変更される場合があります。

在庫なし表示の場合はお問い合わせフォームに金額とご入用日を入力ください。入荷次第ご連絡いたします。


海外旅行の必需品

海外旅行の必需品といえばみなさんは何を思い浮かべるでしょうか。
パスポート?
確かに必要です。これがなくては日本を出ることも他の国に入国することもできません。
航空券?
ええ、外国と陸続きになっていない日本では、船で優雅に出国するのでなければ確かに必要です。
クレジットカード?
いざというときのために、メジャーなクレジットカードを一枚は持っておきたいですね。
これらも確かに必要ですが、みなさんの身近にありすぎて忘れがちなものに「お金」があります。
もちろんここで言うお金とは日本円ではなく、「現地のお金」です。

「現地のお金」の入手方法

入手方法などというと、小難しくなってしまいますが、
よっぽど特別な場合を覗いて、大抵の人の場合は、
海外旅行の前に日本のお金を外国のお金に買える「両替」をすることになります。
しかしこの両替、1万円を1,000円に替えるように、
たとえば普通のコンビニで「やってください」とお願いしても
おいそれとやってくれるものではありません。
基本的には銀行や郵便局などの金融機関や、
空港などの両替所、もしくは弊社のような両替を生業としている業者に依頼をすることになります。
マイナーな国の通貨であると、銀行や郵便局などの金融機関にお願いせざるを得ない事も多くありますが、
一般的な海外旅行にいくのならば、何も手数料の高い銀行に行く必要はありません

銀行の手数料ってそんなに高いの?

さらりと、銀行は手数料が高いと書きましたが、
実際銀行の手数料はかなり割高です。
現在は規制緩和によって外貨両替業への参入条件はかなり緩くなっていますが、
それでもまだまだ銀行や郵便局などの大手金融機関の独壇場で、
殿様商売であることに変わりはありません。

例えば大手行とインターバンクでお客様がドルを買う場合には、
手数料が1ドルあたり1円以上も違う事も少なくありません。
「え?たった1円?」とあなどってはいけません。
海外旅行でレジャーや食事を楽しみ、
友人や職場へのおみやげを買おうと思った時に一体いくら持って行くべきなのか。
思い切り楽しもうと思ったら、100ドルや200ドルではありませんよね?
万が一海外で手持ちのお金が足りなくなっても両替所を探す、
クレジットカードからキャッシングして現地通貨を引き出すなど方法はありますが、
両替所を探して時間をロスしてしまったり、キャッシングにかかる利息を考えると、面白くありません。
そう言った事態を避けるためにも、最低でも10万円分位、約1,000ドル位は持っていたいものです。
仮に1,000ドルで考えたとしても1円の差で約1,000円、ドルで10ドル程度。おみやげ一個分違ってきます。
手数料は、たった1円とバカにできるものではないのです。

インターバンクなら圧倒的な低価格で外貨両替を致します!
お申し込みはこちらから
【インターバンク】外貨両替方法について