海外,クレジットカード,ポイント

海外で買い物をするときには、何も現金だけとは限らずに 日本での買い物同様にクレジットカード(以下クレカ)を使うことができます。 ですが、旅行先でトラブルなくクレカを使うためにはある程度の知識は必要です。 また、外貨両替のことを考えて、現地の通貨とカードを使い分けることで手数料などの余分な出費を抑えることも出来ます。 今回は、海外でのクレカのお得な使い方をご紹介しましょう!

クレカを使う前に確認しておきたい事は?

クレカを使う前には確認しておきたいことがあります。これは何も海外だけではなく、国内の場合でも同じです。

カードの裏の署名欄には必ず署名をしておく

どんなクレジットカードでも、カードの裏側に必ずある署名欄。 一見、署名しなくても問題はなさそうですが、ここに署名しておくことは実はとても重要なことなのです。 署名するということは、そのカードの利用者の責任を明確にする、ということです。 カードを使った人物が、本当にそのカードの所有者なのか? ということを証明する、という意味もあります。 もし無記名のカードを盗まれたり落としたりした場合に、他人に署名されて使われる危険性も大きくなります。 また、お店によっては署名がないとカードが使えない場合もあります。 署名は、漢字でも平がなでもローマ字でも構いません。 必ずしておくようにしましょう。

暗証番号を確認する

クレカを使う時には、サインだけの場合もありますが、暗証番号の入力が必要な場合も多々あります。 海外の旅行先でいざ使おうとしたときにその番号を忘れてしまわないように、特に複数の種類を持っている場合には各カードの暗証番号を事前に確認しておきましょう。

入った店で、自分のクレカが使えるかどうかを確認する

お店によって、使えるクレカの種類が違うのは日本でも海外でも同じことです。 そのお店で食事や買い物をする前に、自分の持っているカードが使えるかどうかを必ず確認しておくことが大切です。 どんなクレカが使えるかは、大概は店のウインドウガラスやレジ、レジの周辺などにステッカーなどで告知してあります。 どうしても解らないようであれば、店員さんに確認するといいでしょう。 また、海外旅行にいくときには海外に強い国際ブランドのカードを持っていきましょう。 磁気の不具合などで使えなくなることもあるので、できれば2枚は持っていきたいところです。 以下の5種類が代表的なカードなので覚えておきましょう。

☑VISA
☑MasterCard
☑JCB
☑AMERICAN
☑EXPRESS
☑DinersClub

クレカの基本的な使い方

海外の旅行先でクレカを使うときには、上手く使えるかどうか不安になるものです。 基本的には日本で使う場合と変わりはないのですが、ここでは海外の飲食店で使うときの一例を紹介しましょう。

1・店員にクレカで払いたいことを伝える

食事などが終わってウエイターやウエイトレスが伝票を持ってきたら、カード払いにすることを伝えます。言葉が通じないようであれば、使うクレカを見せるだけでも通じます。

2・カード用の伝票を確認する

カード払いを了承したら、カード用の伝票を持ってくるので、金額を確認して伝票と一緒にカードを渡します。 また、チップもカードで払うことが出来るので、伝票の下の方にある「Tip」や「Gratitude」の欄にチップの金額を書き込んでおきましょう。 ここを空白にしてしまうと、勝手に金額を書き込まれてしまうこともあるので要注意。 チップは国にもよりますが、だいたい支払額の10%から20%くらいが一般的です。 また、外国人観光客の多いハワイなどでは、あらかじめチップの金額が記入されていたり 飲食代などにチップが含まれている場合もあります。

3・明細を確認してサインをする

ウエイターやウエイトレスがクレカと利用明細を持ってきたら、サインや暗証番号を入力して、利用控えを受け取って完了です。

クレカと外貨両替、その比較とポイント

クレカと外貨両替による現金払いを比較してみると、それぞれにメリットとデメリットがあります。 この2つを併用してよりお得に海外旅行をするためにも、それぞれのポイントを覚えておくといいでしょう。

利便性

クレカ

クレカを持っていることで高額の現金を持ち歩く必要がなくなるので、安全性は高いといえるでしょう。もしカードが盗難や紛失したとしても、保証される場合もあります。 また、使うことでカードのポイントが貯まる、というのもお得な部分ですね。そして現地のATMでキャッシングができる、というのも便利さのひとつです。 ただし、お店によって、特に小さいお店だと使えない所もあります。また、あまりに少額でも使えない場合も出てきます。

現金

現金の場合、クレカとは違ってお店によって使えるか使えないかの心配をすることは一切ありません。ちょっと面倒な支払い手続きの必要がないのも便利なところ。 ですが、急な出費になったときに対応出来ないこともあります。海外でどうしても欲しいものがあるのに持ち合わせがない、となるととても残念ですね。 そして盗難や紛失した場合には戻ってくることはあり得ない、と考えたほうがいいでしょう。

お得度

クレカ

クレカを使う場合、まず知っておきたいのは、支払い方法はあらかじめ決まっている、ということです。日本で使う場合には一括払いや分割払い、リボルビングなど複数から選ぶことが出来ますが、クレカの場合には一括か分割のどちらかで、カード会社によってあらかじめ決められています。

また、カードを使う際には国際ブランドで決まっている為替取扱の事務手数料がかかってきます。加えて国によってはカードの利用手数料が発生することもあります。 また、為替レートは国際ブランドが決定しています。 これらをしっかりと比較して覚えておいたほうが安心してカードを使えるでしょう。

国際ブランド 為替 手数料基準レート
VISA 1.63% Visaインターナショナルのレート
MasterCard 1.63% MasterCardインターナショナルのレート
JCB 1.60% JCB所定のレート
AMERICAN EXPRESS 2.00% 主要外国為替相場情報から、
AMERICAN EXPRESが選択した銀行間のレート
DinersClub 1.30% 所定金融機関の為替相場

そして重要なのが、クレカの為替レートはカードを使ったその日ではなく、 決済の情報が日本のカード会社に届いた日になるということです。 なので、外国為替レート変動の影響をまともに受けることになり、場合によっては割高になる可能性もあるので覚えておきましょう。 ちなみに、決済情報が届く日数はだいたい3、4日後くらいです。

現金

外貨両替による現金の場合、為替レートは決まっているのでレート変動による心配などはまったくありません。 買い物などの際の手数料もまったくないので、こういった部分では現金の方が有利です。 外貨両替をするときには、場所によって外為手数料の額が変わってくるのでなるべく安い場所でするのがポイントとなります。

まとめとして

クレカと外貨両替による現金、どちらにもあるメリットとデメリット。 それならば、両方のメリットだけを利用できるようにしたいところです。 そのためにも、クレカと合わせてあまり大金にならない額の現金を持ち歩くのがいい方法だといえるでしょう。 適材適所で使い分けることがお得に海外旅行を楽しむ秘訣です!!

お申込みは以下のフォームからお願いします。

お問い合わせ
名前 ※必須
メールアドレス ※必須(hotmailのドメイン以外のアドレスでできればご登録ください)
TEL ※必須
当社から予約可否の連絡 ※必須 メー ル
電話
ご来店希望日 ※必須
ご来店希望時間 ※必須
通貨の種類と売買 ※必須 USドルご購入
USドルご売却
ユーロご購入
ユーロご売却
英ポンドご購入
英ポンドご売却
中国人民元ご購入
中国人民元ご売却
韓国ウォンご購入
韓国ウォンご売却
オーストラリアドルご購入
オーストラリアドルご売却
香港ドルご購入
香港ドルご売却
その他両替(通貨の金額と売買を記入)
お取引金額 (外貨通貨単位で記入) ※必須
その他備考またはご質問