三菱東京UFJ銀行の外貨両替

数ある銀行の中から今回三菱東京UFJ銀行に触れるのは、 この銀行には、ターミナル駅以外の店舗においても 外貨両替に対応している店舗が多いという特徴があるからです。 ですが、この外貨両替対応が他行よりは多いといっても、 対応可能な店舗がまちまち。対応可能な通貨もまちまちと、 使い安いのか使いづらいのかわかりづらい部分もあります。

三菱東京UFJ銀行の外貨両替ATMと店舗での両替

三菱東京UFJ銀行の外貨両替において、
最も特徴的なのは店頭に置いてある外貨両替ATMでしょう。
この外貨両替ATMは、USドルのみ販売しており、
しかも金額は3種類のパックのみではありますが、
窓口を通さなくて良いため、何よりも圧倒的に早いです。
さらにパック内容も

1パック・・・USドル100
(1ドル×5枚、5ドル×1枚、10ドル×5枚、20ドル×2枚)

2パック・・・USドル300
(1ドル×10枚、10×4枚、20×5枚、50×3枚)

3パック・・・USドル500
(1ドル×10枚、10ドル×10枚、20ドル×7枚、50ドル×5枚)

となっており、必要十分です。
しかし、外貨両替の手数料はしっかりと取られますし、
チップ用に1ドル札が多めに欲しいといった場合などには
結局さらに窓口に行く必要があり、
そうなると面倒な申し込み書の記入が必要となります。
しかもUSドル以外の通貨を両替する場合には、通貨を取り寄せなければならないこともあり、
窓口に赴く最大のメリットである即日対応ができない可能性もあるのです。

即日対応できないのは三菱東京UFJ銀行に限らない!

とはいえ、即日対応ができないということについて、
三菱東京UFJ銀行が特別に駄目な銀行と言うわけではありません。
在庫がなければ当然対応できませんし、両替することもできないのは道理だからです。
しかし、三菱東京UFJ銀行を始めほとんどの銀行では店舗ごとの在庫量を表示してはいません。
場合によってはせっかく行ったのに在庫が全くないという事も有り得ます。
しかし、インターバンクではホームページ上に通貨についての取り扱い情報を掲載しており、
在庫がない場合はその旨もしっかりと記載しており、
お客様にご来店頂いた後で対応できませんでしたということはございません。
また、来店前に事前にご連絡をいただくことによって、なるべくご要望にお答えできるように、
柔軟に対応できるよう心がけています。