海外旅行をお得に楽しむ秘訣

海外旅行を思い切り楽しもうと思った時に必要になる現地のお金。 アジアの一部都市などでは、円がそのまま使えることもありますが、基本的には現地のお金が必要で、現地のお金を手に入れるには円と現地の通貨を両替する必要があります。 その両替をしようと思った時に、一般的に真っ先に候補に上がるのが、銀行です。 もちろん、銀行で通貨の両替をすることはまったくの合法ですし、法的に何の問題もありません。 ですが、法的には問題がなくても、ある問題があるのです。それが、銀行が両替の際に利用者に科す両替手数料の高さです。 ここではこの両替手数料を抑えてお得に海外旅行を楽しむ方法を伝授します。

一円を笑うものは一円に泣く

「一円を笑うものは一円に泣く」この言葉にあるように、
外貨両替の分野ではまさに1円が運命の分かれ道になることが多くあります。
この1円を安く支払うことでいかにお得にできるか、
もしくは高いまま払ってしまうかによって、まさに天と地ほどの差が出てくるのです。
銀行の外貨両替にかかる金額は多少の差はあるものの、大体2円
これは円を外貨に替えるときも、海外旅行から帰ってきて残った外貨を円に戻すときもかかるものなので、
往復しただけで1通貨あたり4円近くもかかることになってしまいます。
しかしここで、手数料が半額の1円だったらどうでしょうか。
1ドル余らせて円に戻しても2円の手数料で済みます
ここであなたは、「高いままでも、たったの4円ならいいじゃないか」と思うかもしれませんが
ちょっと待って下さい!!
それでは仮に100ドルを往復させたらいかがですか?400円と200円では大分違うでしょう。
さすがに1000ドル余らせて戻る方はいないでしょうが、片道だけ考えても1000ドルなら1000円の手数料が違ってくるのです。
これは、旅行中であれば1食分程度にはなるでしょうし、
ういた分の手数料で、料理をグレードアップするなどの贅沢をすることだってできるわけです。

その1円をどうやって賢くお得にいただくか

銀行での両替では、手数料が高い。
同じく銀行が母体となって経営している空港の両替所でも高い。となればどうするか。
そこで弊社、インターバンクの出番となります。
弊社では、銀行や両替所、郵便局よりも割安な手数料で、平日夜8時まで両替可能。
さらには通信販売での両替にも対応可能です。
昼間しかやっていない、手数料の高い銀行に行く前に、一度弊社のレートをご確認ください。
お客様が弊社のホームページをご確認いただくために費やしたお時間の分は損をさせない自信があります!